1. 【ビジネスマン必須のスキル】仕事上の"ヒューマンスキル"を向上させるテクニック

【ビジネスマン必須のスキル】仕事上の"ヒューマンスキル"を向上させるテクニック

by Neville_S
 ヒューマンスキルとは、一体何なのか自信を持って答えられますか?「ヒューマンスキル」は「コミュニケーション力」や「社内での協調性」や「マネジメント」や「プレゼンテーション能力」といったもの全てを、評価したものです。よほどの技術能力を持った人でない限り、「ヒューマンスキルが欠けている」と評されたら、ビジネスマンとして失格と言えるでしょう。

 会社員は、基本的にヒューマンスキルの向上をし続けなければなりません。仕事上でヒューマンスキルを向上させるには、どうすればよいのかを以下に挙げてみました。

挨拶と同時に上司・同僚・部下のいい所を褒める

 ヒューマンスキルを意識的に上げたい人は、普段する挨拶に一工夫を加えてみましょう。挨拶と同時に、「課長が先日、教えてくださった話を繋げるテクニックが役立ちました」というような事、を自然と言えるよう練習しましょう。人は褒られると「自分のことを良く見てくれてるのか」と思うもの。「一緒だと気分よく仕事ができる」と思わせるのもヒューマンスキルの1つです。

 だからといって、露骨に褒めるのは良くありません。適当に褒めると「全然見てない」と判断され、逆効果になってしまうでしょう。褒める場合は、分かりやすい所ではなく微妙な点を褒めましょう。細かな所を見つけるには、周りを常に観察する事が大切です。観察眼を養うのはヒューマンスキルの向上に繋がっていくでしょう。

人の話を最後まで聞いて良案を出せるようにする

 ヒューマンスキルの高い人は自分の都合だけではなく、相手の都合も考えて相手にとって良くなるものを理解し、提案ができます。そのような提案をすぐに出せるようになる為には、要点を簡潔にまとめて理解する事が第一となるでしょう。

 どうやってそういう点を伸ばしていけば分からない人に向けてお勧めの方法があります。それは、「一度見た映画ドラマを他人に話し、面白かったところや分からない人でも話の流れが分かるように感想を言う」です。

 自分の興味ある映画やドラマですので、最後まで自然に見れて(口を挟まず人の話を最後まで聞く行為と同じ)、かつ自分の好きな話の説明ができるため、(良い点のPRをしなければならないプレゼンと同じ)ヒューマンスキル向上には絶好のトレーニングと言えるでしょう。

明日の目標を決めて就寝する

 ヒューマンスキルは困難な問題の解決に積極的に取り組む事や、技術を常に磨き続ける「向上心」を持つという事も、ヒューマンスキルの1つです。マインドを保ち続けるには、常に目標を持ち続けることが大切。「明日は営業で20社以上回るぞ」といったように、具体的な目標を挙げてから眠りにつくようにしましょう。


 ヒューマンスキルで、最も大事なのは人のマインドです。それを忘れることなく、きちんと意識して仕事に取り組みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する