1. 5つを磨けば完璧に!?ヒューマンスキルとして企業から評価される項目

5つを磨けば完璧に!?ヒューマンスキルとして企業から評価される項目

5つを磨けば完璧に!?ヒューマンスキルとして企業から評価される項目 1番目の画像

 近年、ビジネススキルよりも“ヒューマンスキル”を重視する企業が増えている。

 役職が上がるほどに、ヒューマンスキルが必要となるからだ。

 では、企業はどんな点を評価してヒューマンスキルを見極めているのだろうか?

 今回は、企業から評価される5つのヒューマンスキルとヒューマンスキルを向上させる方法について紹介していきたい。

企業から評価される「5つのヒューマンスキル」

5つを磨けば完璧に!?ヒューマンスキルとして企業から評価される項目 2番目の画像

 ヒューマンスキルは、以下に挙げる5つの項目から評価される。

ヒューマンスキル①:ヒアリング

 相手の話を聴き、話を理解することができる能力。

ヒューマンスキル②:ロジカルシンキング

 物事を論理的思考に基づいて考えていくことができる能力。

ヒューマンスキル③:説得・交渉力

 異なる意見、対立する意見などを上手に合わせて、円滑かつ効率的に仕事を進める能力。 

ヒューマンスキル④:リーダーシップ

 部署の人間、チームのメンバーをまとめる能力。メンバーに示すビジョンを明確にして、背中を見せることによって人を率いていくことができる能力。

ヒューマンスキル⑤:向上心

 常に現状維持に甘んじることなく、より良いものを目指す。改善を習慣化できる能力。

5つの階段でステップアップするヒューマンスキル

5つを磨けば完璧に!?ヒューマンスキルとして企業から評価される項目 3番目の画像

 これら5つの項目を企業は見ているが、見られる側、評価される側としては何に気をつけるべきなのだろうか?

  また、これらの能力はどのように向上させていくことができるのだろうか?

  次はヒューマンスキル向上の基本的な考え方と、ヒューマンスキル向上におけるファーストステップについて解説したい。

ヒューマンスキルの向上は「人間的成長」

 ビジネススキルとは異なり、「人間性」に深く関わるヒューマンスキル。

 ヒューマンスキル向上は、いわば「人間的成長」なのだ。

 ヒューマンスキル向上を人間的成長として捉えたとき、どのようにして前項の5つの項目の能力を伸ばしていけばよいのかが明確になる。

「自己の内面に関わる能力」を下地にヒューマンスキルを向上させる

 人間的成長と捉えたとき、1〜5のヒューマンスキルは順番に伸びていくと考えられる。

 ヒューマンスキルの「ヒアリング」「ロジカルシンキング」に関しては自己の内面に関わる能力だ。

 一方で「説得・交渉力」「リーダーシップ」「向上心」は、対外的な能力となっている。

 これらを踏まえると、ヒューマンスキルとは自己成長に通じる部分が大きいと考えられるのだ。

ヒューマンスキル向上のファーストステップは「ヒアリング」

 対外的な能力は自己の内面をベースなくしては身につかない。そのため、ヒューマンスキルを向上させる最初のステップは「ヒアリング」となる。

 これは新社会人でもベテラン社員でも、どんな業種業界でもさまざまな場面で求められるスキルだ。

 ヒューマンスキル向上を目指すためには「傾聴すること」を、意識的に取り組んでみよう。

 「人の話をきちんと最後まで聞いて、しっかりと理解する」という基本的なことでも、ビジネスシーンで実践できれば上司からも一目置かれるはずだ。


 最近、重要視されている「ヒューマンスキル」について、スキルを向上するための方法と共に紹介してきた。

 本記事を参考にヒューマンスキルを磨いて、人間的にもビジネスマンとしても成長してほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する