1. 5つを磨けば完璧に!?ヒューマンスキルとして企業から評価される項目

5つを磨けば完璧に!?ヒューマンスキルとして企業から評価される項目

by We Make Noise!
 最近の企業の傾向として、ビジネススキルよりもヒューマンスキルを重視することがあります。なぜなら、役職が上がっていけばいくほど求められる能力がヒューマンスキルに集約されていくためです。では、実際に企業はあなたのどんな点を評価し、ヒューマンスキルを見極めているのでしょうか。ここでは、ヒューマンスキルとして企業から評価される項目について紹介していきます。

5つのヒューマンスキル

 ヒューマンスキルとは、以下に挙げる5つの項目から評価されます。

1.ヒアリング

 相手の話を聴き、しっかりと理解することができる能力です。

2.ロジカルシンキング

 これは、物事を論理的思考に基づき考えていくことができる能力です。

3.説得・交渉力

 これは、異なる意見、対立する意見などを上手に合わせて、円滑かつ効率的に仕事を進める能力のことです。 

4.リーダーシップ

 部署の人間、チームのメンバーをまとめることはもちろん、ビジョンを明確にし、背中を見せることによって人を率いていくことができる能力です。

5.向上心

 常に現状維持に甘んじることなく、より良いものを目指す。改善を習慣化できる能力です。

 これら5つの項目を企業は見ているわけですが、見られ側、評価される側としては何に気をつけるべきなのでしょうか。また、これらの能力はどのように向上させていくことができるのでしょうか。次の項ではヒューマンスキル向上の基本的な考え方と、最初のステップについて解説します。

5つの階段でステップアップするヒューマンスキル

 ビジネススキルとは異なり、「人間として」の能力に深く関わるヒューマンスキルです。これは、「人間的成長」と捉えることができます。そうして考えたときに、どのようにして前項の5つの項目の能力を伸ばしていけばよいのかが見えてきます。

 それは、項目1から5まで、順番に伸びていくということです。項目1~2に関しては自分の内面に関わる能力ですが、項目3以降は対外的な能力となっています。これを踏まえて考えると、ヒューマンスキルとは自己成長に通じる部分が大きく、したがってまずは自分自身の鍛錬から始めると良いと結論付けられます。

 そのため、最初のステップは、ヒアリングです。これは新社会人でもベテラン社員の方でも、どんな業種業界でも様々な場面で求められるスキルです。まずは「傾聴すること」を意識的に取り組んでみてください。これが身につけば上司からも「お、デキるな」と一目置かれること間違いなしです。


 上記のことを参考に、ヒューマンスキルを磨いて、人間的にもビジネスマンとしても成長していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する