1. 成功のポイントは"適材適所"!プロジェクトを行う上での「アサインメント」の意味

成功のポイントは"適材適所"!プロジェクトを行う上での「アサインメント」の意味

by Gianni Dominici
 今回のテーマは、「ビジネス上でのアサインメントの意味」と「効率的にプロジェクトを進めるアサインメントの仕方」です。ビジネス上、誰が社長であるのか、誰が営業責任者であるのか、誰が事業責任者であるのか、とても重要な意味をもっています。

 プロジェクトは、1回限り、始まりと終わりがあります。まさに、一期一会とも言えるでしょう。そのプロジェクトを効率的に進めるためには、誰がプロジェクトのリーダーになり、誰がプロジェクトの主要メンバーになるのかが重要であり、人のアサインメントがプロジェクトの大きな成功要因となります。

1. ビジネス上でのアサインメントの意味

割り当て。割り当てられた仕事。課題。

出典: アサインメント【assignment】の意味 - 国語辞書 - goo辞書
 仕事をする上で、人それぞれ得手・不得手があることでしょう。例えば、マネジメントに苦手意識を持っている人に、マネジメントの仕事をさせてしまうと、良いパフォーマンスは発揮されません。

 つまり、アサインメントは「適材適所」と考えると良いかもしれません。得意なポジションに人材を配置し、最高のパフォーマンスを発揮してもらう。これがビジネス上での、「アサインメント」の意味となります。

2. 効率的にプロジェクトを進めるアサインメントの仕方

 効率的にプロジェクトを進めるアサインメントの仕方とは、一言でいうと、プロジェクトを成功させるために必要なスキルを持った要員を手配するか、手配できなければ育成することです。

 プロジェクトの納期、コスト、品質を達成・維持するために、アサインされた人材が、プロジェクトの成功に向けて、プロジェクト目的のプライオリティ、プロジェクトのリスク管理、プロジェクト計画の策定・実行を行っていきます。

 プロジェクトは通常、複数のサブプロジェクトといったような仕事の単位に分かれていくのです。そして、その仕事の単位ごとのプロジェクトのリーダーをアサインし、権限と責任範囲を定め、適切に運営していくことがプロジェクトを効率的に進める成功のカギとなります。


 以上、ビジネスにおける「アサインメント」の意味と仕方について見てきました。プロジェクトを成功に導くためにも、人材の配置は大切です。きちんと仕事を細分化し、それぞれ適切な仕事が割り振れるように意識していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する