1. 【一発でキメる!】ネクタイを正しい長さで結ぶコツ

【一発でキメる!】ネクタイを正しい長さで結ぶコツ

 朝急いでいるときにネクタイを結ぶと、なかなか長さが合わないということはないでしょうか。ネクタイの長さを合わせるコツを紹介します。

ネクタイの正しい長さとは?

ネクタイの剣先が社会の窓の真ん中辺りまで下がっている長過ぎや、ベルトのバックルが見えてしまうような短か過ぎは要注意。美しい長さは、締めた剣先が「バックルの下部を隠す長さ」と覚えておきたい。

出典:【男のみ・だ・し・な・み】ネクタイの長さに要注意! 美しいのは剣先が ...
 ネクタイの正しい長さは、ベルトのバックルを隠すぐらいがちょうどいいです。よく、短すぎる人を見かけることがありますが、「ダサい!」と言われてしまうかもしれません…。

カギはネクタイの裏にアリ! 

 ネクタイの裏をじっくり見ることはあまりないと思いますが、ネクタイを正しい長さで結ぶためには、裏をチェックしてみましょう。裏に縫い目があるはずです。これを活用し、シャツのボタンの3番目と4番目の間に、縫い目が来るようにして、ネクタイを結び始めると、ちょうど良い長さにできます。

ネクタイによっては通用しないかも…

 今は市販のネクタイの長さは140cmが標準的ですが、実は長いネクタイもあります。ネクタイに合わせて長さを調節するテクニックも必要です。

長いネクタイをチョイスすると扱い方が難しい場合があります。
そんな場合は、まず細い方を無視して太いほうの一端がちょうど良い長さに来るように結んでください。

出典:おしゃれ>ネクタイの長さ調節方法 - FC2
 ネクタイの太い方に集中して長さを正しく調整して、短い方は、長くなってしまったら折り込んでしまう方法を取りましょう。


 ここでは、ネクタイの正しい長さと結ぶコツを紹介しました。正しい長さを知った上で、カッコいい長さで結ぶようにしましょう!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する