1. 【一発でキメる!】ネクタイを正しい長さで結ぶコツ

【一発でキメる!】ネクタイを正しい長さで結ぶコツ

【一発でキメる!】ネクタイを正しい長さで結ぶコツ 1番目の画像
出典:zozo.jp

 朝急いでいるときにネクタイを結ぶと、なかなか長さが合わずに困った経験はないだろうか?

 今回はそんな人のために、多忙な朝でも一発でネクタイの長さを合わせるコツについて紹介したい。

ネクタイの正しい長さとは?

【一発でキメる!】ネクタイを正しい長さで結ぶコツ 2番目の画像
出典:zozo.jp

ネクタイの正しい長さは「ベルトのバックルが隠れるくらい」の長さ

 まず、そもそも適切なネクタイの長さはどれくらいなのか?ということについて触れたい。

 一般的に「長すぎるネクタイ」というのは、ネクタイの剣先が“社会の窓の真ん中くらい”にきているもの、といわれている。

 一方で「短すぎるネクタイ」の長さは、ベルトのバックルが完全に見えてしまうくらいの長さだ。

 ベストな長さは、両極端の中間である「ベルトのバックルを隠すくらいの長さ」なので、短すぎたり長すぎたりするベルトをチョイスして「ダサい」なんて言われないようにしてほしい。

ネクタイの長さを一発で合わせる鍵は「ネクタイの裏」にアリ! 

【一発でキメる!】ネクタイを正しい長さで結ぶコツ 3番目の画像
出典:zozo.jp

 いつもつけているネクタイとはいえ、ネクタイの裏をじっくり見たことがある人はどれくらいいるだろうか?

 実は、ネクタイを正しい長さで結ぶためのポイントは「ネクタイの裏」に隠されているのだ。

ネクタイ裏にある縫い目を「シャツの第3ボタンと第4ボタンの間」にもってくる

 ネクタイの裏をよく見てみると、縫い目があるはずだ。

 このネクタイの縫い目を活用して、シャツのボタンの3番目と4番目の間に、縫い目が来るようにしてみてほしい。

 その状態でネクタイを結び始めると、ネクタイをちょうど良い長さにすることができるはずだ。

ネクタイによっては長さ合わせのコツが通用しないかも……

 今は市販のネクタイの長さは140cmが標準的だが、実は「長めの作りのネクタイ」も販売されている。

 長めのネクタイを購入してしまったとき、ネクタイの長さに合わせて長さを調節するテクニックも必要になってくるのだ。

ネクタイの長さを調節するポイントは「ネクタイの太い方に集中する」こと!

 扱いの難しい厄介な「長いネクタイ」だが、まずはネクタイの“太い方”に集中することが大切だ。

 まず細い方のネクタイは放置して、太い方の一端がちょうどいい長さになるように調節しよう。その後に、細い方のネクタイが長くなってしまったら、折り込んでしまおう。

 ここでは、ネクタイの正しい長さと結ぶコツを紹介してきた。

 長すぎるネクタイも短すぎるネクタイも、どちらも大人かっこいいスーツスタイルを崩してしまう要因になる。

 正しいネクタイの長さを知っていて、常にきれいにネクタイを結べる大人を目指してほしい。


ネクタイ不要!服装自由な企業への転職を考えるなら「ランスタッド」

【一発でキメる!】ネクタイを正しい長さで結ぶコツ 4番目の画像

 ビジネスマンの装いには欠かせない「ネクタイ」。しかし、その一方でTシャツ×デニムやパーカー×スキニーなどの自由な服装で働くことができる会社もある。

 「ラクな恰好で仕事がしたい!」という人は、私服勤務が可能な会社への転職を考えてみよう。

 外資系企業の求人も多く取り揃えた「ランスタッド」は、20代〜30代の若手ビジネスパーソンを対象とした業界内での評判も高い転職エージェントだ。

 服装の自由が、より快適な働き方に繋がることもある。「私服で働きたい」という人は、自由な働き方を実現できる企業への転職を考えてみよう。


▼スーツをかっこよく着こなすためのテクニックをチェック!

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する