1. 実は経営の安定にもつながっている!会社で健康診断を取り入れる事のメリット

実は経営の安定にもつながっている!会社で健康診断を取り入れる事のメリット

by Yasuhiko Ito
 毎年定期的に行なっている健康診断には果たして会社が社内制度の一環として社員の健康診断を実施する事には、会社にとっても社員にとっても様々なメリットがあります。ここでは、会社が社内制度として健康診断を取り入れるメリットについて紹介していきます。

社員の病気休養リスクが軽減する

 会社にとって社員とは利益を生み出す源であり、業務に欠かせない貴重な戦力になる存在です。会社の利益を大きくするためには、優秀な社員に頑張って働いてもらう必要がありますが、社員が人間である以上どうしても避けられないのが病気のリスクです。社員が病気になってしまうと、療養する間は仕事をすることが出来なくなるため、その分会社は負担だけが増えてしまい貴重な戦力を欠いたまま業務をしなくてはいけません。その結果、空いた穴を埋めるために新しい人員を用意しなければいけなくなりますから、追加的な人件費の負担が発生してしまいます。

 健康診断を社内制度の一環として実施することで、社員が万が一病気にかかっていたとしても早期に発見することが可能になり、長期の病欠による戦力源リスクを最小限に抑えることができます。病気で長期間休まれることによる戦力ダウンを考えれば、健康診断をしたほうがはるかに安上がりであるといえます。

従業員の健康維持

 健康診断を実施することで社員の健康維持に大きく貢献します。社員の健康維持に配慮することは、会社の社会的責任の一つです。社員の健康をないがしろにするような管理耐性では、社会の一員としてのモラルを問われても文句は言えません。

 社員は機械や備品ではなく一人の人間です。社員を人間として尊重する気持ちが会社側にあるのなら、健康診断で健康維持に配慮するのは当然の活動であると言えます。社員の健康に配慮することで社員の会社に対する忠誠心は高まり、より会社の利益のために頑張って働いてくれるようになります。健康に配慮している会社であることが評判になれば、社員を大事にする会社としてイメージもアップします。

長期的な経営の安定

 会社にとって最も貴重な財産は人材です。貴重な財産としての人材が長年勤務してくれるようであれば、会社の経営は安定したものになります。もし会社の人員の出入りが激しい場合、仕事のノウハウの引継ぎや業務習熟度の向上が上手くいかず、経営は不安定になってしまいます。

 健康診断を行って社員を大切にする姿勢を会社側が示せば、社員は自分を大切にしてくれる会社に対して愛着を感じ、社員の定着率は向上します。健康診断を行うのは会社の社会的責任であると同時に、企業利益にも通じるとても重要な業務です。健康診断のメリットを生かす会社は、将来的な発展が望める有望な企業といえるでしょう。


 健康診断を行なうことで得られるメリットとは上記以外にもあります。めんどくさがることなく、積極的に健康診断を行ないましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する