1. 勇気ある決断を!間違った判断をしない為におさえておくべき意思決定のコツ

勇気ある決断を!間違った判断をしない為におさえておくべき意思決定のコツ

by conner395
 ビジネスでは、あらゆる場面で意思決定をする必要に迫られます。内容の重要性に差はあれど、意思決定が今後の未来を左右する重要な行動であることに変わりはありません。意思決定とは、単に何かを決断するだけの行動ではありません。

 最高の結果を得るためにあらゆる情報を分析し、想定されるさまざまな事柄を予測し、今日から最も良い結果を導く選択肢を選び出す行為が意思決定です。今回は間違った判断をしない為にチェックしておくべき意思決定のコツを紹介します。

【1】判断基準を設けること

 意思決定で間違った判断をしないためには、自分なりの判断基準を設ける必要があります。ある事象に対して意思決定を迫られた場合、自分の判断によって未来が変化することになります。

 意思決定とは想定される未来の中から自分の望むべき未来につながる決定を下す行為であり、どのような未来を望むのかで選ぶべき選択肢は異なります。さらに自分が未来に何を求めるのか、その判断基準によって選ぶべき選択肢は異なります。金銭を優先するのか、信頼関係を優先するのか、安全性を優先するのか、自分の感情を優先するのか。
 
 どの判断基準が良い悪いという問題ではなく、判断基準をしっかりと持つことが重要です。あいまいな判断基準で意思決定を行ってしまうと、後で必ず後悔することになります。

 判断基準に従って意思決定を行えば、得られた結果が必ずしも最高の結果ではなかったとしても、なすべき努力をしたうえでの結果になります。間違った判断かどうかを決めるのは自分自身です。判断基準さえしっかりしていれば、たとえどのような結果になったとしても自分自身の決定に誇りと自信を持つことができます。

【2】対応策を考えること

 意思決定を行う場合、あらかじめ意思決定の結果としてどのような結果が出るのかを想定しておくのは基本中の基本です。そこからさらに一歩進め、想定される結果に対してどのような対応ができるのか、ということまで考えておけば意思決定によるリスクを低減すると同時に意思決定の後押しにもなります。

 失敗したら取引を失うような意思決定であれば「取引を失敗した時はどのように対処するのか」ということまで考えておけば、万一意思決定を間違ったとしてもリスクを低減できます。対応策を想定しておけば、意思決定に対して勇気を持って臨めるようになります。

【3】次善策を打つこと

 意思決定に失敗した時のためにあらかじめ次善策を打っておくのも有効な方法です。
利益を最大化するのではなく、損失を最小化するという意識を持てば、意思決定そのもののリスクを低減できます。意思決定の選択肢に対して公正なリスク評価ができれば、意思決定で間違えてしまう可能性を低減することにもつながります。

 もし軽率な判断で意思決定を行ってしまった場合、損害が発生してしまったとしても誰のせいにすることもできません。後悔しないように備えておくことが意思決定で間違えないコツであり、意思決定のリスク回避につながります。

 
 結局、意思決定のさいに重要になってくるのは、さまざまなことを想定しておくことです。明日からリスクを想定して意思決定を行うようにしてください。そうすることによって、最高の結果を生むことができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する