1. 仕事でキャパオーバーになる原因と解決策5つ:忙しい人が注意すべき「キャパオーバー」の意味とは?

仕事でキャパオーバーになる原因と解決策5つ:忙しい人が注意すべき「キャパオーバー」の意味とは?

仕事でキャパオーバーになる原因と解決策5つ:忙しい人が注意すべき「キャパオーバー」の意味とは? 1番目の画像

 仕事量の多さに、キャパオーバーしそうになった経験はないだろうか。

 今回はキャパオーバーする原因とキャパオーバーの解決方法、予防策について解説していきたい。

 やるべきことが多すぎて嫌になったり、投げ出したくなったりするキャパオーバー状態に陥っている人は、本記事でキャパオーバーの解決方法をチェックしよう。

目次
+ + 「キャパオーバー」の意味とは?
+ + キャパオーバーになってしまう5つの原因
+ + キャパオーバーになったときの解決策5つ
+ + キャパオーバーを予防する方法3つ
+ 仕事量と給与が見合っていない?精神的に限界がくる前に「ランスタッド」で転職

    「キャパオーバー」の意味とは?

    仕事でキャパオーバーになる原因と解決策5つ:忙しい人が注意すべき「キャパオーバー」の意味とは? 2番目の画像

    キャパオーバーとは「自分の中の許容量を大幅に超えてしまうこと」

     キャパオーバーとは、「自分の中の許容量を大幅に超えてしまうこと」という意味である。

     人にはそれぞれ個人の限界値であるキャパシティがあり、そこを超えるといわゆる「キャパオーバーしている状態」に陥ってしまうのだ。

     キャパオーバーが起こると、なにもかも嫌になったり、やるべきことを投げ出したくなったりなどと、感情のコントロールが効かなくなってしまう。

     キャパオーバーをする人は、物事にきちんと向き合うような、真面目な人が多い傾向にある。

     「きちんとしなくてはならない」「みんなのために自分がやらなくてはいけない」と考えるため、キャパオーバーになりやすいのだ。

    キャパオーバーになってしまう5つの原因

    仕事でキャパオーバーになる原因と解決策5つ:忙しい人が注意すべき「キャパオーバー」の意味とは? 3番目の画像

    キャパオーバーになってしまう原因①:被害者意識が強い

     キャパオーバーになってしまう1つ目の原因として「被害者意識が強いこと」が挙げられる。

     周囲の人間の何気ない言葉が、その人にとっては負担となってしまい、キャパオーバーを招いてしまうのだ。

     例えば、上司から何気なく言われた「期待しているよ」という台詞も、ときに大きなプレッシャーになることもある。

     もしも思い当たるところがあれば、一度落ち着き「自分はなにに追い詰められているのだろう」と考えてみてほしい。

     原因がはっきりすることで、少しは気が楽になるはずだ。

    キャパオーバーになってしまう原因②:ネガティブに考えてしまう

     キャパオーバーになってしまう2つ目の原因として「ネガティブに考えてしまうこと」が挙げられる。

     ネガティブ思考であると、仕事の少しの失敗を引きずってしまったり、人から受けた注意を考えすぎてしまったりする。

     慎重で思慮深いことはその人の良さでもあるが、ネガティブになりすぎるとキャパオーバーになってしまう。

     なにか失敗してしまったとしても、ポジティブに考えて次につなげよう。

    キャパオーバーになってしまう原因③:感情の整理ができない

     キャパオーバーになってしまう3つ目の原因として「感情の整理ができないこと」が挙げられる。

     感情を上手く整理できないと、少し失敗したことで悲しくなったり、仕事であった嫌なことを思い出してイライラしてしまったりする。

     そんなときは、感情が動く原因を自分で考えてみよう。紙に書いて整理するのもよい。

     感情を左右する原因をはっきりさせることで、自分の感情の整え方がわかり、キャパオーバーせずに済むはずだ。

    キャパオーバーになってしまう原因④:悩みをため込んでしまう

     キャパオーバーになってしまう4つ目の原因として「悩みをため込んでしまうこと」が挙げられる。

     キャパオーバーしてしまう人は、なにかに悩んでいても人に相談できず、自分だけでため込んでしまうことがある。

     一方で、忙しくてもキャパオーバーしない人は、周囲に相談したり、上手く仕事を投げたりしているのだ。

     キャパオーバーしてしまいそうになったら、悩みや原因を周囲の人に相談してみてほしい。

    キャパオーバーになってしまう原因⑤:睡眠不足である

      キャパオーバーになってしまう5つ目の原因として「睡眠不足であること」が挙げられる。

     これまで紹介してきたキャパオーバーになってしまう原因はメンタル面が多かったが、その他に睡眠不足も大きな原因となりうる。

     睡眠不足なだけで、物事を考えるのが億劫になったり、積極的に動くことが難しくなったりしてしまう。

     「なんだか疲れているな」「ちょっと限界だな」と感じたら、なるべく休養するように意識してほしい。

    キャパオーバーになったときの解決策5つ

    仕事でキャパオーバーになる原因と解決策5つ:忙しい人が注意すべき「キャパオーバー」の意味とは? 4番目の画像

    キャパオーバーになったときの解決策①:いったんその場から離れる

     キャパオーバーになったときの1つ目の解決策は「いったんその場から離れること」である。

     キャパオーバーになっているときは、感情的になっていたり、頭が混乱していたりするだろう。冷静になるために、いったんその場を離れるのがおすすめだ。

     心を許した友人と談笑したり、仮眠をとったり、コーヒーを飲んだりするのもよい。一度その場を離れて落ち着くことで、もとの自分を取り戻そう。

    キャパオーバーになったときの解決策②:生活リズムを変える

     キャパオーバーになったときの2つ目の解決策は「生活リズムを変えること」である。

     とくに残業が続いていたり、休日もきちんと休めない状態だと、体の限界がきてキャパオーバーになってしまう。

     夜型の生活をリセットするなど、休日はきちんと休養することを心がけることが大切だ。

     忙しくてなかなか休めない場合もあると思うが、限界を感じたらなるべく休もう

     会社に事情を話して有給を取得し、生活リズムを整える時間を確保してほしい。

    キャパオーバーになったときの解決策③:自分の仕事量を周囲に知らせる

     キャパオーバーになったときの3つ目の解決策は「自分の仕事量を周囲に知らせること」である。

     どれほど自分が忙しくても、意外と周囲はそのことに気づいていないものだ。そんなときは、自分がどれだけタスクを抱えているか、上司や同僚に相談するとよい。

     自分の仕事量を周囲に知らせることで、手の空いている人に業務を振り分けたり、より適した部署に移動できたりする可能性がある。

    キャパオーバーになったときの解決策④:一人の時間に思い切りストレス発散をする

     キャパオーバーになったときの4つ目の解決策は「一人の時間に思い切りストレス発散をすること」である。

      キャパオーバーの状態というのは、マイナスの感情を自分の中にため込んでいる状態だ。悪気がなくても、周囲に当たってしまったり、傷つきやすくなってしまったりする。

     そんなときは、一人になって自ら気持ちを解放して、ストレス発散することが解決策となる。

     泣ける映画を観て思いっきり泣いたり、音楽を聞いてリラックスしたり、スポーツや温泉で汗を流したりするのもよいだろう。

    キャパオーバーになったときの解決策⑤:抱えていることを整理する

     キャパオーバーになったときの5つ目の解決策は「抱えているものを整理すること」である。

     キャパオーバーになったときは、自分が今抱え込んでいる問題や悩みなどを一度整理するとよい。

     たとえば仕事でキャパオーバーしている場合、キャパオーバーの原因は仕事量であったり、仕事の種類の多さであったりと、さまざまである。

     「なぜ自分はキャパオーバーになっているのか」を考えて、キャパオーバーの原因を整理することで、頭の中がすっきりとするだろう。

    ▼解決策を試してもキャパオーバーから抜け出せない場合は?

     解決策を試してもキャパオーバーから抜け出せないときは、一度他の仕事を見てみるのもいいだろう。

     他の企業の働き方を見ることで、自分にとって最適なワークライフバランスが見えてくるはずだ。

     転職エージェントや求人サイトなどで他の企業の働き方を見て、息抜きしてみよう。




    キャパオーバーを予防する方法3つ

    仕事でキャパオーバーになる原因と解決策5つ:忙しい人が注意すべき「キャパオーバー」の意味とは? 5番目の画像

    キャパオーバーを予防する方法①:きちんと断る

     キャパオーバーを予防する1つ目の方法として「きちんと断ること」が考えられる。

     仕事を積極的に行う姿勢は素晴らしい。だが、たくさんの仕事を受け持つあまり、キャパオーバーになっていないだろうか。

     自分自身のキャパと相談した上で、できなさそうな仕事はあらかじめ断ることをおすすめする。

     明らかに達成できない仕事はむやみに引き受けるのではなく、時にはノーを言うことも大切だ。

    キャパオーバーを予防する方法②:やるべき仕事を明確にする

     キャパオーバーを予防する2つ目の方法として「やるべき仕事を明確にすること」が考えられる。

     やるべき仕事が多すぎると、キャパオーバーにつながってしまう。キャパオーバーにならないためにも、やるべき仕事とやったほうがよい仕事、やらなくてもよい仕事を明確にしよう。

     仕事に優先順位をつけてやるべき仕事を明確にすることで、頭の中がすっきりし、キャパオーバーを防ぐことができる。

    キャパオーバーを予防する方法③:他人に気を遣いすぎない

     キャパオーバーを予防する3つ目の方法として「他人に気を遣いすぎないこと」が考えられる。

     人に気を遣うことは魅力的な長所だが、あまりにも気を遣いすぎると、自分が疲れてしまう。

     必要以上に上司に謝ったり、どうしても参加したくない行事は欠席したりするなど、自分が健康でいられるように過ごそう。

     仕事をしているビジネスパーソンは、キャパオーバーになってしまう機会がたくさんある。キャパオーバーになってしまっても焦ることなく、上記の方法で解決していこう。

     キャパオーバーを乗り越え、あなた自身の魅力を仕事で存分に発揮してもらいたい。

    仕事量と給与が見合っていない?精神的に限界がくる前に「ランスタッド」で転職

    仕事でキャパオーバーになる原因と解決策5つ:忙しい人が注意すべき「キャパオーバー」の意味とは? 6番目の画像

     自分の仕事量に見合った給与をもらえることは、仕事のモチベーションにも関わってくる重要な要素の一つだ。

     「一度に多くの仕事を任され、毎日残業から逃れられない」「仕事をたくさん回されるけど、それに見合った給与をもらえていない」「残業代が少ない」など、仕事量や給与の面から悩んでいる人も多い。

     20〜30代を対象にした、グローバルに展開する「世界最大級」の転職エージェント「ランスタッド」なら、転職活動の相談に乗ってくれ、適性に応じた求人を紹介してくれる。

     仕事量の多さで精神的に追い込まれる前に、「ランスタッド」に会員登録してみてほしい。   

    U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
    この記事を報告する