1. たまには適当になった方が良い!簡単に出来る感情コントロールの方法

たまには適当になった方が良い!簡単に出来る感情コントロールの方法

by Takashi(aes256)
 仕事や育児、家事、プライベート等のたくさんの予定で時間に追われていたり、人間関係や忙しさからストレスを感じたりしていませんか。そのような状況では、感情コントロールが大変重要になってきますよね。ここでは、簡単に出来る感情コントロールの方法について述べていきます。

一人の時間を大切にする

 人間関係や、仕事に追われてストレスを抱えている人に是非お勧めしたい方法は、一人の時間を大切にする事です。ストレス発散方法として人とたくさん話したり、仕事仲間とストレス発散にパーっと飲もうと考える人は多くいるでしょう。

 しかし、たまには1人で自分自身と見つめあう時間を作ってみてください。自分自身の考え方や性格、そして自分はどのような人間になりたいのかなど、自分の考えを整理する事で、これからどのように行動する事が自分にとって一番良いのかが見えてきます。

 また自分を知る事で、感情のコントロールが非常にしやすくなります。こういう行動をすると、自分は疲れる。こういう人といるとストレスを貯めやすいなど、自分自身を知るために、自分と向き合ってみましょう。

一旦冷静になってみる

 時間や仕事に追われていると、冷静さを失ってしまいがちです。焦って良からぬ行動を取ってしまったり、余裕がなくてイライラしたり、人に対しても冷たい発言をしてしまったりと良いことはありません。

 「自分に余裕がない」と思った時には、一度大きく深呼吸をして冷静になってみてください。冷静になって物事を判断する事で、良い答えが導き出せたり、良い行動を取ることが出来ます。冷静になる方法としては、コーヒーを飲んで一息ついたり、顔を洗ってみたりストレッチをするなどの時間を取ってみるのも非常に効果的です。

適当になってみる

 感情をコントロール出来なくなる原因として、色んな事に一生懸命になりすぎて自分のキャパシティーを超えてしまい、コントロール不完全になっているケースがあります。何事も完璧主義で頑張り屋さんの人にありがちです。

 頑張ることや完璧主義は悪いことではなく、むしろ向上心がありとても良いことです。しかし、たまには適当な日があったり出来ない日があって当然で、「今日は適当でいいや」という日を作ってみてください。一気に気持ちが楽になり、次の日からまた頑張る糧に繋げられます。たまには自分の心に休息をあげてくださいね。


 最近余裕がなかったり、疲れてしまったりと何かに嫌になってしまっている人は上記のことを参考にして感情をコントロール出来るようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する