1. 「絶対に健康診断を受けてください!」会社の健康診断が義務づけられている理由

「絶対に健康診断を受けてください!」会社の健康診断が義務づけられている理由

by BobChao
 多くの会社では、定期的に健康診断を行っていますが、何故どの会社も定期的に健康診断を行っているのでしょうか。それは、法律で義務づけされているからなのです。

 そこで、今回は会社の健康診断が義務づけられている理由についてなぜそうなっているのかについて見ていきましょう。

なぜ行う必要があるのか

 健康診断を行わなければならない根拠としては、労働安全衛生法第66条以下および労働安全衛生規則などに定められており、労働者が健康的で働けるようにするために、一定の健康管理をすることを義務としているのです。

 このような義務を設置したのは、労働者が労働を行うためには病気ではしっかりと労働ができないだろうという社会的常識により、労働者が健康的に労働ができるように配慮しているものであることと、管理者側としても労働者を働かせるときには、労働者の身体などの安全に配慮して働かせなければならないという義務などを負っているので、その責任を果たすために健康診断を行うことを義務としたのです。

 また、健康診断を行わなかった場合には、健康診断義務違反(労働安全衛生法66条)となり、50万円以下の罰金となります。

事業者がしなければならない健康診断の種類・費用負担

 事業者が行わなければならない健康診断の趣旨は以下のようなものがあります。

1. 雇入時健康診断(労働安全衛生規則第43条)

 常時使用する労働者(1.期間の定めのない契約により使用される者であり、かつ、2.労働時間が通常の労働者の労働時間の4分の3以上である者をいう。一定のパートなども含む)を雇入れる直前又は直後に実施。

2. 定期健康診断(労働安全衛生規則第44条)

 常時使用する労働者に対して、1年以内ごとに1回、定期的に医師による健康診断を実施する。

3.特定業務従事者健康診断(労働安全衛生規則第45条第1項)

 坑内労働、深夜業等の有害業務に常時従事(常時とは、受信日前6ヶ月の間に1ヶ月当たり4回以上である場合)する労働者に対して、6ヶ月以内ごとに1回、定期的に医師による健康診断を実施する。

 このような場合に健康診断を行う必要があります。体調は一定の期間で変化するものですから、事業者は従業員の体調を定期的に管理しておかなくてはならないのです。また、原則として、健康診断の費用は事業者が負担することになっています。


 以上のように、会社には社員に対して健康診断を行わなければならない義務があります。ですので、皆さんも会社の行っている健康診断はちゃんと受けるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する