1. いい人は出世できてない!?知らないと損をする「いい人」の3つの特徴

いい人は出世できてない!?知らないと損をする「いい人」の3つの特徴

by nattu
 「彼は人がいいから…」とか「自分はお人よしだから…」という言い方をよくします。「…」には、「損をしている」「出世が遅い」など、否定的な表現が続くのが一般的でしょう。確かに「いい人」というのは、仕事上で損をするケースが少なくありません。

 なぜ、損をしてしまうのか。その因果関係を、損する「いい人」に共通する3つの特徴から見ていきましょう。

1.頼まれると「嫌」とはいえない

 「いい人」に共通する一番の特徴は、人から何か頼まれたとき「嫌」と断ることができない、ということです。プライベートの友人関係においても同じですが、ビジネスシーンではさらにその傾向が強まります。上司や先輩からだけでなく、たとえば後輩や部下から何か頼まれても、「NO」ではなく「YES」と答えてしまうのです。

 セクション内のメンバーは、「彼はいい人」と知っていますから、他の人には頼めないこと、たとえば自分がもてあましているような仕事を、その「いい人」に頼むことが多くなります。要は「自分の仕事を押し付ける」わけですが、「いい人」はそうとわかっていても、結局は引き受けてしまいます。

 そのため、自分の本来の仕事に悪影響を及ぼしてしまう、ということが少なくありません。自分の業績、実績にマイナスになるかもしれないと知っていながら、「NO」といえない。これが「いい人」の特徴であり、損になるところなのです。

2.自己犠牲の精神が強い人

 自己犠牲の精神が強いのも、「いい人」の特徴でしょう。先ほどの「人の仕事を引き受けてしまう」という特徴にも関連しますが、たとえば、セクション内でトラブルやアクシデントが起きたときなど、自分の仕事を後回しにして、その事後処理に当たる、というところが「いい人」にはあります。

 自分が原因で起きたのではないアクシデントや、他の人の責任によるトラブルでも、「部署のために」という意識で対応します。中には、他人のミスを自分でかぶる、というケースさえあります。他のメンバーからは感謝されるでしょうが、当人にとっては「損」のほうがずっと大きいでしょう。「その損得勘定をしないで、自己犠牲の精神に生きるのが『いい人』なのだ」と言うことができるかもしれません。

3.「お先にどうぞ」という意識を常に持っている人

 また、「お先にどうぞ」という意識も「いい人」に共通する特徴です。日常生活でもそうですが、職場でもその意識を常に持っています。キャリアアップに関してもその意識が働きますから、「同期で一番に出世しよう」とか「人を押しのけてでもキャリアアップしよう」といった意欲は生まれません。


 結果として出世が遅れ、損をしてしまうのが、「いい人」なのです。人柄がいい、というのはもちろんすばらしい属性です。しかし、「いい人」のレッテルを職場で貼られてしまうと、このような損が生じるのです。「自分もそうかも」と感じる人は、「脱いい人」を考えてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する