1. 【意欲低下の対処法】原因から考えるモチベーションUP術

【意欲低下の対処法】原因から考えるモチベーションUP術

【意欲低下の対処法】原因から考えるモチベーションUP術 1番目の画像
by sampsyo

 なんとなく仕事が嫌になってしまうことはありませんか?今回は原因別に、意欲低下を感じたときの対処法について見ていきたます。

集中力が切れたとき

 誰でも長時間単調な仕事をやっていると、意欲が低下してしまいます。そんな場合はうまく気分転換してみてはいかがでしょうか。ちょっと休憩を入れて、カフェインを含む飲み物を飲むと頭がすっきりします。同僚とコミュニケーションを取ったり、体操をしてみたりして意欲を取り戻してみましょう。

嫌なことがあったとき

 自分は悪くないのに注意されてしまった場合など、仕事をしていると嫌なこともよくあります。そんな時には考え方を変えてみましょう。起こったことをそのまま受け止めると、なんでこんなことを言われなくてはいけないんだ、とひたすらいやな気持になります。

 ここで大切なのが過去ではなく、未来に目を向けることです。起こってしまったことはもう仕方がありません。大切なのはこれからです。この出来事をどう未来に生かすことができるのか考えましょう。

合わない人がいるとき

 また職場に合わない人、苦手な人がいてその人と仕事をしなくてはならない場合もあるでしょう。そんな時にも、ちょっと意識を変えてみてはいかがでしょうか。

 この人は自分と性格は合わないけど、仕事の仕方で学ぶべきことがあると考えるのです。どんな人にでも良い所やがあるはずです。それを少しでも吸収しようとしてみてください。


 意欲低下を感じたときの対処法を紹介しました。何回か同じ経験をすると、自分に合った対処法が分かってくるはずです。自分なりの方法をいろいろ試してみましょう。


転職活動をしてモチベーション低下を解決する!

【意欲低下の対処法】原因から考えるモチベーションUP術 2番目の画像

 「色んな方法を試してもモチベーションが上がらない……」という人は、その悩みを“転職”で解決することも検討してみてほしい。

 同じ会社にいて、同じ仕事を続けるとモチベーションが下がってくるのは当然である。

 「同じ仕事をこなすこと・同じ環境にずっといることに向いていない」と感じたら、別の仕事を探してみよう。

 モチベーションに左右されやすい自分にぴったりの仕事を探すなら、無料でキャリア相談できる「転職エージェント」がオススメだ。

あなたにぴったりな仕事が見つかる!転職者満足度No.1「DODA」

 日本最大級の転職サイト『DODA』では全国100,000件以上の求人数があり、さまざまな職種から自分に合った転職先を検討することができる

 上記に加えてDODA独占の求人も数多くあり、情報収集から本格的な転職の検討まで、幅広い用途で利用することが可能。

 エージェントサービスの他にスカウトサービスも用意されているため、「まだ転職するかどうか悩んでいる」という人も、まずは登録してはいかがだろうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する