1. 「仕事が分からない…」誰にも相談できずに困っている人がすべきこと

「仕事が分からない…」誰にも相談できずに困っている人がすべきこと

by Grand Parc - Bordeaux, France
 仕事をしていて、どうしたら良いのか判らなくなった事はありませんか?仕事の達成は組織のために必要なことです。つまり、あなたには、「判らない事は、誰かに聞いてでも仕事を行う責任がある」という事です。ここでは仕事が分からない、聞けないという人がどうすべきか紹介します。

まずは誰に聞くべきか理解する

 では、誰に聞くべきなのでしょうか?もし、誰に相談すればいいのか分からなかったとしても、少なくとも「こういう事は誰に聞くべきでしょうか?」と、上司に尋ねる事できるはずです。まずは、そこから始める必要があります。

 ここで、解決策を誰が知っているのかを確実に把握するようにしましょう。上司が該当者を知らない場合は、一緒に探してもらいましょう。重要なのは、仕事を完了させようという意思を持って行動する事です。判らないからと言って、ただ困っていたのでは、積極性が無いと言われかねません。最初は、誰だって何も分からないのが普通です。しかし、周囲の人は仕事に慣れてしまっていて、あなたが「分からない」という事が「分からない」状態なのです。

順を追って正確に聞く

 次に、何が分からないのか相手に説明しなければなりません。事前に聞く内容をまとめ、どういう聞き方をするか考える必要があるのです。

 「何を使って、どういう作業をしている。ここまではやった。ここから先をやろうとしたら、これが分からない」というように、順を追って説明するのが良いでしょう。また、仕事をする上で使っている資料などは、極力持って行きましょう。最初に参照する様に言われた資料が既に古かったというのも良くある話です


 分からないのは悪いことではありません。むしろ悪いのは、分からないのを放置してしまうことです。初対面の相手から何かを教わることに抵抗を感じるかも知れませんが、まずは「自己紹介」と考えてみましょう。

 組織の中で、もっとも嫌われるのは「仕事をしない人間」です。いくら有能であっても、自分から動かないのであれば、人に迷惑をかける存在になってしまいます。分からなくても恥ずかしがらずに、質問する勇気を持ちましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する