1. 頭で理解するだけではダメ!理解するのに時間がかかる人が効率よく仕事を覚える方法

頭で理解するだけではダメ!理解するのに時間がかかる人が効率よく仕事を覚える方法

頭で理解するだけではダメ!理解するのに時間がかかる人が効率よく仕事を覚える方法 1番目の画像
by eldelinux
 慣れない仕事や初めて行う仕事を理解するのに時間がかかると悩んでいる人も多くいるでしょう。しかし、仕事というものは常識的なスピードを要求されるため、内容の理解に多くの時間を費やすこともできません。ここでは、仕事を理解するのに時間がかかってしまう人にお勧めの方法を紹介します。 

メモを書き、不明点はどんどん調べる

 仕事の説明をただ聞くだけでは、後から振り返る事もできません。基本的な事ではありますが、まずは仕事の説明はどんな事でも、とにかくメモ書きをしていく事です。出来れば、メモ用紙ではなく専用のノートを準備しておくと良いでしょう。

 そして、後から内容をもう一度見直し、知らない知識はインターネットや書籍でどんどんと調べていきます。それでも不明な点には付箋をつけておき、後から上司や同僚にまとめて聞きましょう。こうして、専用ノートにどんどん書き込んでいく事で、ノート自体が知識の宝庫となり、全て頭に記憶しておかなくても後から見直して思い出すことが出来るようになります。

業務内容をチャート図に落としていく

 もう一歩踏み込んで理解したい場合には、メモした内容を基に、仕事内容のチャート図を書き、視覚的に理解できるようにします。例えば物流であれば、関連する企業は四角の中に企業名を書く事で表し、物品や金銭の流れについては矢印で記し矢印の横に具体的な商品名等を書き込みます。企業間で締結する契約など付帯情報があればそういった情報も書き込むとよいでしょう。そうすると、チャート図を一目見るだけで業務内容や流れがすぐ分かるようになります。

仕事に関連した書籍を読む

 普段から仕事に関連した書籍や雑誌、新聞に目を通し、専門知識をつけておくのも重要です。専門知識をつけることで、業務内容がイメージしやすくなります。現在の業務内容と直接つながらない事もあり即効性に欠けるかも知れませんが、普段からの知識の蓄積は必ず活かされるでしょう。


 いかがでしょうか。これらの行動は、仕事ができる人にとってももちろん効果があります。自分の頭だけで覚えようとせず、積極的に知識を収集してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する