1. 【こんな辞め方もアリなの!?】日本では考えられない"海外"のスゴすぎる「辞表の出し方」3選

【こんな辞め方もアリなの!?】日本では考えられない"海外"のスゴすぎる「辞表の出し方」3選

 日本で「辞表」と聞くと、きちんと手紙に書いて、封筒に入れて…など、少し面倒なイメージが強いですよね。一方、世界に目を向けてみると、「こんなのアリかよ!」と思わず突っ込みを入れたくなる「辞表の出し方」がたくさんあるのです。

堅い!堅すぎるぞ日本…

まずは、「就業規定」を確認しましょう。そこに、どれくらい前に退職を申し入れるかが記載されているがあります。その記載されている日程より前に退職を申し出ましょう。

出典: 得する辞表の出し方 ~退職するには?~
 会社のルールを確認して、A4の手紙に書いて…。もう堅すぎますね。辞める時まで、型式ばったルールがあるのなんて、きっと日本ぐらいのことでしょう。

1. 「辞表」をケーキにしてしまう!?

「辞表ケーキ」を作ったのは、ニール・ベレットさん。ビジネスバッグと同じぐらいの大きさの四角いケーキの上に、水色の文字で辞職の言葉が綴られている。ケーキは2009年3月13日、上司に渡され、無事受け取ってもらえた。

出典: 世界で一番「おいしい」辞表の出し方 : J-CAST会社ウォッチ
 なんと「辞表」をケーキにして提出してしまうとは…。これも受けとった上司は、その後、美味しく頂いたのでしょうか?気になるところですね。

2. 踊った姿を「辞表」にして提出なんてスゴすぎるぜ…


 これは、「踊る辞表」で一時有名になった動画です。自分の踊っている姿に、辞めるメッセージを載せるという今までになかった面白い「辞表」の出し方でしょう。踊りのキレ具合も半端ないので、気分転換に見るのに良いかもしれないですね。

3. 「トランペット」に「シンバル」なんておかしすぎる…


 これも日本では絶対考えられない「辞表」の出し方。辞表を提出する、若き男性の後ろに「トランペット」や「シンバル」が…。提出した後は、上司も愕然とするほどのお祭り騒ぎ。こんな辞め方、シンジラレナイ…。


 いかがでしたでしょうか?もう、さすが海外と言わざるを得ないほど驚きの「辞表」の出し方でしたね。日本もここまでとは言いませんが、もう少しラフに辞められる環境があっても良いのかもしれませんね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する