1. 「明日はもっといいものを創ろう」元BEENOS 加藤氏が語る、起業の3段階成長と成功の関係性

「明日はもっといいものを創ろう」元BEENOS 加藤氏が語る、起業の3段階成長と成功の関係性

 起業をするということは決して楽な道のりではない。資本を集め、戦略を立て仲間を増やし数々のトラブルと戦っていく。そんな中で、なぜ起業家は起業をしていくのか。

 今回はスタートアップへのシード投資を行う MOVIDA JAPAN主催のs.schoolにて起業のスペシャリスト集団、 BEENOS技術戦略室 室長を経て、自身で株式会社イロドリを設立する加藤寛之氏の講演の中から、起業をする中での「成長」というキーワードに焦点をあててまとめる。

起業とは「成長」である

 起業をすればどこかの組織に属して働くといったワークスタイルや考え方とはまた別の働き方をすることになる。起業で得られるものとは一体何なのか。

 加藤氏は「 起業とは成長である」と語る。そして起業し成長していく中で得られる大きなものは以下の3つだと話した。

・所属する組織では難しい問題解決への別アプローチができるようになる
ー解決することが出来ない問題を「新しいものを生み出していく」ことで問題解決へ導くことができる。
・自分で自分の仕事を選ぶことが出来るようになる
ー案件ありきの仕事ではなく、自分がやりたいことや自分が学びたいことが出来るようになる。
・自分が生み出せるものが明確化される
ー誰も助けてはくれない分、自分がやったことに対して結果が明確にあらわれるようになる。

 講演の中では「 丸裸になって今の己と向き合う中で成長する」ことが起業では可能だと話した。

「自分→会社→組織」と成長する上で起こること

 起業時は独立し、まず一人で事業を始めるところから人数やサービスを伸ばして会社らしくなり、さらに大きな組織になっていく。加藤氏は起業に関わる「自分・会社・組織」の3段階でそれぞれが成長することにより事業に変化が訪れることを述べた。ここでは3点が成長することでの影響とその際の注意点についてまとめる。

自分の成長

 起業をすると組織に所属しているのに比べて担当範囲が増える。経営層に近づくにつれ経営感覚が身につき、お金の大切さや、社員への心配りを行うようになる。

 またチームで作業を行う難しさにも気づく。どうやったらメンバーが働いてくれるのか。どうしたらサービスのスピードや範囲をひろげていけるか。ということを積極的に考えるようになる。

 そして自分の市場価値を常に意識するようになる。与えられた仕事を行っていたときよりも持っているスキルや持つべきスキルが明確にあらわれる。

自分の成長の中での注意点

 成長していく中で担当範囲が増えると、多くの仕事をこなさなければならず、自分の専門外の仕事も行わなければならないためオールラウンダーになりがちになってしまいがちだ。なんでも出来るをウリにするのではなく「ここは負けない」という分野を持つことこそが正しい成長の道のりである。

 また会社の文化が出来てくると自身の視野が狭まりがちになる。社外の優秀な人材に目を向けていくことが必要だ。どうしても会社の中で自分のスキルを最適化してしまいがちである。自分の事業に集中することは必要だが、自分が市場の中でどういうポジションにいるのかというのを常に意識してスキルアップしていくことが必要だ。

会社の成長

 自分の成長段階からさらに創業メンバー以降の人材が増えてくる。社内に人材が増えるためより大きな全体としての動きが可能になる。ただしその際に創業時メンバーと新しく入ったメンバー間で超えられない壁が生まれる。人材が増えれば会社で働く目的が多様になり、意識が多様化するということを理解しなければならない。

 またサービスが安定しだすと余裕が出てきたと錯覚してしまい、流行りの事業に目移りしたり無意味な横展開をしてしまう可能性が出てくる。

会社の成長の中での注意点

 どんなに会社に人が増えようとも、とにかく創業時のビジョンが大事。予算や戦略は変われど、変わらないものもある。その変わらないものをいかにぶらさずより多くの人と意識を共有し続けることが一番大切だ。人を惹きつける目的やビジョンを掲げ、見える形にしておくことが必要である。

 また、やるべき事が増えてくるこのフェーズでは、1つのことに集中することがとにかく重要だ。出来ることは限られているということを理解し、1つのことをどの会社よりもうまく行う。やらないことを決めるのは難しいが、リソースが分散して同じ話をできなくなるので組織の亀裂がうまれやすくなることだけは避けるべき。

組織の成長

 会社がさらに組織として成長しはじめると、ランニングコストや調整事項が増加する。このバランスをいかに上手く把握し、策を講じていけるかが組織としてのさらなる成長には欠かせない。

 また人材が更に多様化してくる中では「1+1≠2」ではないことも覚えておかなければならない。優秀で高スキルの人材を多量に投下しても単純な計算で2倍、3倍となるという思い込みだけは避けるべきだ。社内リソースが増えると個々で仕事が分散し、隣の人は何する人?という事態も起きはじめる。

組織の成長の中での注意点

 組織として成長してくるからこそ、各自が自分の仕事にできているかということが問われてくる。お互いが自身の仕事を理解し、パラレルで並行進行して、すり合わせの部分で1のリソースを0.9、0.8.....と使っていくことが上手に全体としてプロジェクトを進めていくコツである。

 また組織成長の中では採用が命である。現実問題では「採用するはやすし、解雇するは難し」なのである。面接機会などもより多くなっていく中で、本当に必要な人材だけを採っていく必要がある。採用に関しては「この人いいんだけどな...」と頭をもたげた瞬間にやめるべきだ。もしかしたら成功を導くかもしれない人材を逃すよりも社風とあわない人を採用してしまうことの方が全体リスクとしては大きい。

 採用基準においては、実践的なスキルを身につけているかどうか、継続的に一緒に働くイメージが持てるかどうかということを見ておくと良いだろう。

全ての成長の中での重要事項

 どの段階や状況においても「サービスを伸ばしていきたい思い」で全員がやっているという認識を忘れないことが最重要だ。毎日の業務に忙しくしているといつのまにか各々が手元の仕事やスキルのみの向上に着目してしまうことが多々ある。しかしながら、成長し変わるものが多く存在しても創業時からの理念やビジョンを持ち続けることこそが伸びていく会社の共通点だ。

 世の中に伝えたい思いを持つことは起業において非常に重要である。成長していく中で世の中をどう変え、ユーザーにどうなって欲しいのかということ常に持っておいて欲しい。

 起業すれば理想と現実は違い数えきれない程の苦しい壁にも突き当たっていく中で、自分の人生の大切な時間を使ってビジョンの実現に死に物狂いで働く自信があるか。という覚悟は大きな成功要因に関わってくる。

 3年後に残る会社が3%という中で、一念発起で起業をするからには「明日はもっといいものを創ろう」という気持ちを忘れないでほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する