1. 【隣の会社の採用事情】多くの会社が取り入れている一般的な採用基準一覧

【隣の会社の採用事情】多くの会社が取り入れている一般的な採用基準一覧

 多くの企業が採用活動をしていると思いますが、他の企業の採用基準、気になりませんか?ここでは、多くの企業が取り入れている採用基準を紹介していきましょう。

引き出しの多さと深さ

「この学生は、どこの企業でも採用されるだろうな」という優秀な人材ってどんな人ですか。

村田
引き出しの多さと、その内容の濃さかな。

出典:学生には絶対に言わない、企業の本当の採用基準。 | シゴトノヲト
 優秀な学生は多くいますが、それが仕事に繋がるかどうかというのはよくわかりません。採用して働かせたら実は使えない人材だった…なんてことも。引き出しを多く持つ学生を採用することで、採用のリスクを抑えようとする企業が多いようです。

学び続ける力

第一に重視するのは、一般的な認識能力。それは知能指数とは違う。学ぶ力だ。臨機応変に処理する能力。バラバラの異質な情報をひとまとめにする能力。

出典:IQはもう古い。グーグルの5つの採用基準 | The New York Times | 東洋 ...
 現在学んでいることやスキルではなく、学ぶことができる力を重視している企業もあります。今は優秀な人材であっても、学び続ける力がなければ、成長は止まってしまうでしょう。学ぶことが継続できる人材を多くの企業は求めています。

人間性

結局は、前向きでやる気がありコミュニケーションが上手な人が採用されるようです。

ありきたりな結論になりましたが、実際は貴重な存在で、少数派と言えます。

出典:人事が採用したい人材のポイント
 同じ会社で働くのであれば、人間性も重要になります。前向きでやる気がある人材は、よりスキルを吸収でき、また、コミュニケーションがうまい人材であれば、誰とでも、連携を取ることができます。

企業理念に沿っている

少なくても、どんな人材を採用するかは基準を定める必要があります。では、どのような基準かといいますと、会社の経営理念を実現できる人物で経営方針に沿った行動ができる人です。

出典:人事担当者のための人事の教科書: 人事採用Ⅱ(求める人材基準)
 「どうしても採用基準がわからない!」という場合もあるでしょう。企業理念を参照している企業も多くあります。自分の企業が欲しがっている人材を企業理念から探ってみるのもいいでしょう。


 ここでは、多くの企業が取り入れている採用基準を紹介しました。採用する基準に悩んでいる場合はこれらを参考にしてみてもいいのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する