1. トレンドを掴む者がマーケティングを制す!マーケティング本のおすすめランキング2014

トレンドを掴む者がマーケティングを制す!マーケティング本のおすすめランキング2014

 マーケティングに興味がある人はたくさんいると思います。しかし、いざ「マーケティングとはなにか」と聞かれると答えられないことがたくさんあります。そこで、マーケティングの勉強にはやはり本がおすすめです。さらにその本から現代のトレンドを掴むことができれば一石二鳥です。今回は、2014年のマーケティングにおけるおすすめランキングを紹介していきます。この本を読めば「マーケティングくらい知ってるよ」と他人にドヤ顔できることでしょう。

5位:ハイパワー・マーケティング


本の中ではお金を捨てる覚悟として問われているのが印象的。一番のリスクは自分の心が勝手に決めつけることなんだと実感。限界を低く設けず常に挑戦していくためのノウハウが少しわかったように思える。何度でも読んでみたい作品。

出典: 読者レビュー|ハイパワー・マーケティング|エルパカBOOKS - HMV
 この本は、マーケティングの定番であるハイパワー・マーケティングを軸として書かれています。マーケティングの勉強を始めたばかりの人からマーケティングの熟達者まで、 マーケティングの基礎となる知識を網羅しています。マーケティングの基礎から学びたい人におすすめです。

4位:ビックデータの使い方・活かし方マーケティングにおける活用事例


 2013年のマーケティングトレンドである「ビックデータ」をビジネスの場で活用したい人におすすめの本です。わかりやすい事例が紹介されていて最前線のデータマイニング手法も紹介されているので、データサイエンティストを目指している人にも読んでほしい本となっています。また、この本は 2014年のマーケティングトレンドになるであろう「ロケーションベースマーケティング」の基礎となります。この最新のマーケティング用語を知っているだけで友人に対してドヤ顔できます。

ロケーションベースマーケティングとは、マーケティング手法の中でも、顧客の位置情報を連動させて地域的に最適な情報を配信するマーケティング手法

出典: ロケーションベースマーケティングとは 「LBM」: - IT用語辞典バイナリ

3位:オウンドメディアで成功するための戦略的コンテンツマーケティング

 コンテンツマーケティングは現在のトレンドと言えるでしょう。テレビのようなマスをターゲットとした広告からよりターゲットを絞った広告へとコンテンツの形が変化してきています。例えば、Googleの広告がそのいい例です。自分が検索したワードから、それに関連する広告が上位に表示されていくものです。今後は 特定の相手に向けたコンテンツを作成し情報発信していくことが重要になっていきます。戦略的にSEO対策をしたい方やコンテンツ作成を行っているIT業界の方におすすめです。

企業が顧客やステークホルダーに対し、継続的に価値ある業界情報や最新ニュースを配信し続けることにより関係性を構築し、ロイヤリティを高めることを基本とする手法

出典: 速報!2014年のデジタルマーケティングトレンド7選 | The Content ...

2位:ダイレクトレスポンスマーケティングの教科書

 ダイレクトレスポンスマーケティングはいままで広告業界がどのように儲けてきたのかを理解するのに適している。この本を読んだだけで 広告が周りに与えてきた影響力を理解できます。広告業界に興味がある人やマーケティングで広告を打ち出したいと考えている人は読んでみて下さい。

1位:ザ・アドテクノロジー

 この本は、最新のインターネット広告におけるマーケティング戦略をわかりやすく解説しています。今後の広告業界で重要になっていくであろう「アドテクノロジー」に関して書いてあります。「アドテクノロジー」の基本用語から説明してくれて、平易な文で書かれているのでマーケティングに興味を持っているだけの人でも読みやすい本となっています。

一言ではとても語れない、インターネット広告+オフライン広告(テレビとか)について、その歴史から最近の話題までを順序立てて非常に分かりやすく説明をしてくれています。

出典: http://www.amazon.co.jp/product-reviews/4798136557/ref=dp_top_cm_cr_acr_txt?ie=UTF8&showViewpoints=1
 以上がマーケティングに興味があるだけの人にもおすすめの本になります。ビジネスマンにとってトレンドを掴むことは顧客の心を掴む一番の近道だと思います。そのトレンドを掴むきっかけとしてマーケティングの本を読んでみてください。あとはその知識をみんなに披露してドヤ顔するだけです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する