1. 採用通知をもらった企業に辞退を連絡するときに気をつけるべき3つのポイント

採用通知をもらった企業に辞退を連絡するときに気をつけるべき3つのポイント

 就職活動や転職活動中、採用通知をもらった時の辞退の仕方って気になりますよね。うまく辞退して、採用担当者からキレられるようなことがないような連絡を心がけましょう。採用通知の辞退の連絡のポイントを紹介します。

辞退の連絡でキレられる場合も…

監禁されて土下座させられた、コーヒーやカレーをかけられた……。これらは、内定辞退の際に受ける“仕打ち”として都市伝説的に伝わっているものです。

出典:土下座させられた、カレーをかけられた…は本当!?都市伝説化した怖 ...
 「辞退の連絡をすると、コーヒーやカレーをかけられる」という都市伝説があります。ここまではいきませんが、辞退をするときに採用担当者に厳しい剣幕で迫られたり、ぶしつけな態度を取られることがあります。採用通知を辞退するときは断り方をしっかりと考える必要がありそうですね。

なるべく早めの連絡がポイント

基本的には、面接辞退の際と同様に、できる限り早く連絡することが大事

出典:[女の転職@type]転職完全マニュアル_辞退の際のマナー
 内定を辞退するときは、なるべく早めに連絡することがポイントのようです。辞退したいような事情が出来た時は、すぐに連絡をするようにしましょう。

採用通知に強制力はない

正社員採用に「雇用契約書」は存在しない。つまり「定年60歳まで雇用を契約する」ことは法律的にできないのだ(包括的雇用契約)。

出典:入社承諾書提出後の内定辞退 [大学生の就職活動] All About
 一度採用通知を承諾してしまったのに辞退しなければならないときは、後ろめたい気持ちになりますよね。また、一度承諾してしまうと辞退できないのでは…と考える場合もあると思います。しかし、採用通知に関しては法的な強制力はありません。しっかりと説明をすれば、もし承諾してしまった場合でも、辞退をすることができるそうです。

自分が適任でない理由を言う

やむを得ず内定を辞退する際は、これまでに採用担当者が割いた時間や労力をしっかり理解しましょう。仕事や給料を理由にするのではなく、なぜ自分が適任でないのかを説明するのです。

出典:内定を受けるべきか辞退するべきか - ライフハッカー[日本版]
 「給料が低い」「自分と仕事内容が合わない」という理由を真っ先に持っていくのはトラブルの元になるようです。「自分がなぜその仕事に合っていないのか」を理由にすると、スムーズに話が進むでしょう。


 採用通知を受けて、辞退する際は、採用担当者にキレられないような、態度とマナーで辞退を申し出するようにしたほうがいいですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する