1. 【文例あり】ポイントはストレートかつシンプルに!英語で進捗状況を伺う際の表現方法

【文例あり】ポイントはストレートかつシンプルに!英語で進捗状況を伺う際の表現方法

by eflon
 海外の取引先ですと、言葉も違いますし、進捗を伺うのもちょっと気を使いそうですね。今回は海外の取引先に進捗状況を英語で伺いたいときの方法と文例についてみていきましょう。

【1】ストレートかつシンプルに表現する

 日本人は日本語であっても、とにかく回りくどく婉曲的な表現をしてしまいます。それは日本語の仕組みが背景にありそうですが、外国人はダイレクトに、ストレートにかつシンプルに物事を伝えた方がわかりやすく受け止められます。

 「はい」か「いいえ」かわからないような表現はくれぐれも使わないように気を付けた方が良いですね。ファックスやメールを送る場合には、できればいつまでにお返事いただけるとありがたいですというような文面もつけておくと相手も期限までに返事がしやすいでしょう。

【2】質問に関する返事が欲しい場合の表現

■質問にお答えいただけるのをお待ちしております。
We look forward to receiving your answer to our question.

■前に送ったメールのお返事をいただきたいのですが。
May I remind you we need an answer for the previous email.

■前のメールで話し合った件はどうなっていますか? 
How about what we discussed in previous email?

■以前のメッセージのフィードバックを早急にお願いしたいのですが。
I need immediate feedback on my previous message.

■昨日送った質問の回答をお願いいたします。
Please respond to the questions in the fax I sent you yesterday.

【3】時差を考慮する

 こちらは昼間でもあちらは夜といったこともあるでしょう。その場合はあまりせかさずに、時差を考慮してきちんと相手の勤務時間になってから連絡をとるようにしましょう。そのあたりの思いやりも忘れないようにしたいものですね。


 いかがでしたでしょうか。海外の取引先に進捗状況を英語で伺いたいときの方法と文例についてみていきました。色々な聞き方があると思いますが、失礼にならないように丁寧に、ですが同時に忙しいビジネスの相手ですからシンプルな英語で表現できると良いですね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する