1. 優先順位によって対応を変える!企業が"ステークホルダーマネジメント"を行う際のコツ

優先順位によって対応を変える!企業が"ステークホルダーマネジメント"を行う際のコツ

by gruene_sachsen
 企業活動をする上で、その利害関係者にあたるステークホルダーと、どのような関係を保つかは、大事な課題となります。身近な例で言えば、従業員の家族もそのステークホルダーのひとつですが、家族と従業員とが良い関係を築くことができなければ、業務に支障を来してしまうかもしれません。

 そこで、そのようなステークホルダーをマネジメントするという概念が生まれます。そのステークホルダーマネジメントを行うにあたって、テクニックとコツには、どのようなものがあるのでしょうか。

ステークホルダーを特定し、優先順位をつける

 まずは企業にとっての、ステークホルダーを書き出すことから始めます。その基準として、企業活動に影響を与えたり、あるいは何かしらの権限を持つもの、また企業活動について関心や興味を持っていたり、あるいはその結果の影響を受けるものといったことが挙げられるでしょう。

 例えば、株主はまさにそのほとんどに当てはまるものです。企業の業績や活動の影響を受けることになりますし、また大いなる関心を持ち、時には経営にまで影響を与えることになります。そのようにステークホルダーを書き出す作業が終わったら、次にその優先順位によって分ける作業を行いましょう。

優先順位の基準

 優先順位の基準としては、まず企業に対してどの程度の権限を持つか、という度合いがあります。そして次に興味や関心の度合いがあるでしょう。それぞれを組み合わせる形で、それぞれのステークホルダーはどこに当てはまるのか、振り分ける作業を行います。

それぞれの優先順位によって対応を考える

 さて、そのようにして振り分けたステークホルダーに対して、どのような接し方をするかを定めなければなりません。たとえば一番優先順位が高いのは、最も企業に対する権限を持ち、かつ高い興味と関心を持っているタイプです。

 このようなタイプには、常に企業活動の結果などの報告を続け、かつその要求を満足させる必要があります。これが、権限はそれほど持たないタイプであるならば、報告を続けるだけで済ませることになるでしょう。


 以上のように、ステークホルダーマネジメントは、優先順位の高さに応じた対応を、あらかじめ決めておくことによって、個別に最も負担の少ない形で管理することがコツになります。また、一覧表で管理し、その満足度を常に把握しておくことも大切です。

 場合によっては、企業活動に与える影響から業績を左右しかねない事態になるケースもあるでしょう。それぞれに対して、きちんと向き合って対応することが、マネジメントでは求められます。そこで各ステークホルダーを、見える化することで常時管理することが必要となってくるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する