1. 多少の遅れはもう気にしない!"電車遅延"による会社への遅刻を防ぐための予防策

多少の遅れはもう気にしない!"電車遅延"による会社への遅刻を防ぐための予防策

 人身事故や車両点検など、電車は様々な理由があり、遅れることがあります。帰りであればまだ良いですが、行きの場合は大変です。朝の出勤時間に遅延すると、会社の人に迷惑がかかってしまうかもしれません。そこで今回は、電車遅延による会社への遅刻を防ぐための予防策について見ていきましょう。

ラジオ、テレビ、インターネットなどで常に情報を収集

 朝の支度をしているときは忙しいため、テレビやインターネットで情報を見るのは、大変という人もいるかもしれません。そんな時にはラジオをオススメします。耳で聞くだけでわかるような情報を、素早く入手することができます。

 また今では、乗り換え案内のアプリをインストールしておけば、遅延情報なども簡単に調べることが出来るので、自分のスマートフォンにインストールしておくと良いかもしれません。

早め早めの行動を心がける

 いつも朝ギリギリまで寝ていて、ギリギリの電車に乗っているという人も多いのではないでしょうか。台風や大雨など気象関係の遅延の時は仕方ありませんが、人身事故で遅れる場合、1〜2本前の電車に乗っていたら大丈夫だったということもありえます。

 朝はギリギリに行動するのではなく、できれば常に1〜2本早めの電車に乗るように習慣づけておくと、いざという時も慌てずに済むでしょう。

他の通勤ルートがないかチェックしておく

 いつも電車通勤している人も、バスで行けないか、他の鉄道会社を使っていけないかなど、いざという時に慌てなくて済むように、回り道になってしまうルートでも良いので、普段のルートとは違ったルートをチェックしておきましょう。

 これで少しは遅れてしまうかもしれませんが、なるべく早く会社に到着することは可能です。普段の出勤だけではなく、出張などで良く使うような電車も、いざという時の役に立つので、前もって調べておくと安心でしょう。


 以上、電車遅延による会社への遅刻を防ぐための予防策について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。色々と対策を練っておくと、いざという時に安心です。しかし、それでも遅れてしまうようなことがあれば、会社や同僚に迷惑がかかってしまいますので、早めの連絡を心がけましょう。

 また、お客様や取引先の人が朝に来られる場合は、誰かに仕事を頼めるように手配するなど、仕事に支障がでないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する