1. "意識"を少し変えれば"見える世界"は180度変わる!仕事での注意力がない人が意識すべきコト

"意識"を少し変えれば"見える世界"は180度変わる!仕事での注意力がない人が意識すべきコト

by gruene_sachsen
 仕事で様々な作業をしていると、注意力が散漫になり、ミスをしてしまうという人は多いのではないでしょうか。そういった人は、もちろんミスはしたくないと思っているのですが、いくらやっても注意力を保つことができず、どうすればミスが減るのか分からないと思います。そこで、今回は仕事での注意力がないという人が、変えるべき意識について書いていきます。

1. ちょっとした変化や違和感にも敏感になる

 仕事での注意力がない人が、変えるべき意識は、ちょっとした変化や違和感に敏感になることです。仕事でミスが起きるときは、ちょっとした変化や違和感が見逃されています。それが原因で、潜在的なミスが顕在化し、対応する必要が出てきてしまうのです。

 そういった事態を防ぐためには、小さなものであってもおかしな部分があれば、その変化を逃さず、敏感に察知して対処することが大切になります。そういったことに意識を持っていくことで、普段からどのようなことに気をつければ良いのか、という感覚を養うことができるのと同時に、万が一の事態になる前に対処できるようになるため、ミスをできる限り減らすことができるのです。普段から、細かいところにはチェックを入れることを忘れないよう、心がけてみてください。

2. 何がよくないかどうかをはっきりと認識する

 仕事での注意力がない人が変えるべき意識として、もう一つ考えられるのは、何がいけないのかをはっきりと認識させることです。物事の善し悪しを理解していないにも関わらず、物事を判断してしまうと、必ずミスは起きてしまうでしょう。

 分かってもいない、教えてもいないのにミスが発生してしまった場合、あれこれいっても、後の祭りであり、叱責を受ける側にも余計な不満が溜まってしまいます。ですので、事前にどこがどう悪いのか、きちんと知っておくべきですが、独自に考えているだけでは、独断で誤った判断をしかねないので、周りに聞くという姿勢も忘れないようにしましょう。

 このとき、周りも何が悪いのかを教えないと対処が遅れてしまうので、具体的な事例や物事を説明することを同時に行えるような状況も、作り上げておいておかなければなりません。


 以上、仕事での注意力がない人が変えるべき意識について説明してきました。ただ漫然と仕事をこなすのではなく、常に新鮮な気持ちで仕事に取り組んでいけるよう、自分なりの工夫をしてみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する