1. 【眠気覚ましの方法】仕事中に「つい眠くなってしまう…」という人は"仕事の意味"を見直すべき

【眠気覚ましの方法】仕事中に「つい眠くなってしまう…」という人は"仕事の意味"を見直すべき

by IntelFreePress
 みなさんは日々、仕事をしていて、急に眠くなったことはないでしょうか?仕事中の眠気ほど、辛いものはありません。なぜなら、仕事中は労働時間であり、ちゃんと働いてこと報酬を得られるからです。

 「気が抜けて寝てしまいました」ということがあれば、怒られるどころか減給もありえるでしょう。だからこそ、仕事中に寝ないように我慢をしているのだと思います。そこで今回は仕事中の眠気覚ましの方法を紹介しましょう。

1. 仕事中に起こる眠気の原因

 仕事中に、なぜ眠気が襲ってくるのでしょうか。本来なら、仕事中は集中して仕事に取り組まなければならないもの。眠くなるべきではないでしょう。ただそんな仕事中でも、眠気が襲ってくる原因が、大きく分けて二つあります。

 一つは、夜更かしや睡眠不足による眠気です。これは疲れが溜まっていたり、充分な休養がとれないことが原因で起こります。また、連日仕事を頑張りすぎたり、休みなく働かなければいけなかったりすると、集中力が途切れた時に眠気が襲ってきてしまうのです。

 二つ目の理由として、仕事がつまらない、やりがいを感じない、意味を見出せないなど、仕事に集中できていないときです。退屈な作業を延々と続けていたら、眠くなってしまいます。主にこの二つが眠気の原因とも言えるでしょう。

2. 仕事中の眠気覚ましの方法

 眠気が襲ってきたからといって、仕事中には寝れません。では、どうやったら、この眠気を覚ますことができるのでしょうか。まず、睡眠不足、疲れによる眠気覚ましです。

 どうしても仕事を夜遅くまでやらないといけない、疲れが溜まっている、という人は思い切って一回仕事を休んでみるのも手かもしれません。眠気覚ましには睡眠が1番。疲れたり、眠い状態で仕事をしても効率があがらないので、一回休んだ方がいいでしょう。それが難しいようであれば、疲れをとる栄養ドリンクや、コーヒー、お茶、眠気覚ましドリンクなどを飲むのも応急処置には良いかもしれません。

 次に、仕事がつまらなくてやりがいを感じないために、仕事中眠くなる人は、仕事を面白くするのが1番の眠気覚ましになると思います。惰性でやったり、淡々とした作業をこなしたり、楽しさを見出せないからこそ、退屈な作業になり眠くなってしまうのです。だかたこそ、楽しさを見出だすのが1番効果的です。ではどうやったら仕事が楽しく感じるのでしょう。

 それはもうあなたの考え方を変えることです。あなたの任された仕事は、あなたにしかできない大切な仕事ですし、実際あなたがつまらなくしているだけです。一個一個の仕事には意味があり、なぜ自分がこれをやっていて、どういう結果に結びついているのか考えたら、やりがいも生まれるでしょう。


 以上、仕事中の眠気覚ましの方法を紹介してきました。眠気は生理現象である以上、完全になくすことはできません。だからこそ、ここで紹介したようなことを参考に、なるべく眠気を起こさないような対策を行っていくべきでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する