1. 【ヒューマンエラーの防止策】バディ・システムを導入してミスの少ない職場環境を!

【ヒューマンエラーの防止策】バディ・システムを導入してミスの少ない職場環境を!

by Karen Roe
 ヒューマンエラーは日本語では人為ミスと呼ばれています。このヒューマンエラーは、簡単に引き起こされるにもかかわらず、その損失は会社にとって非常に大きなものになります。ですから、その防止策が組織的に議論されています。では、組織やチームでヒューマンエラーを防止するために、どのようなことを行えば良いのでしょうか。

1. 組織やチームでチェック体制をしく

 ヒューマンエラーは、人によって引き起こされるものです。言い換えれば、人間が行う以上こういったヒューマンエラーは必ず起こります。ですから、ヒューマンエラーをなくす試みは防止策にはなりません。

 では、どうしたら良いのでしょうか。組織やチームで業務を行っているのでしたら、必ず現場に2人以上の社員が常駐しているはずです。それなら、重要な作業は2人以上の目を通して行うように習慣付け、ヒューマンエラーの防止に努めましょう。これはダイビングでの安全対策である2名以上で、お互いが相手側の安全を確認し合うバディ・システムのようなものです。

 もちろん、全ての業務をこうして行うのは効率的でも生産的でもありません。また、複数の目を通して行ったとしても、ヒューマンエラーが起こらないとは限りません。そのためチェックリストを導入・利用するようにして三次のチェック体制をしくことも場合によっては必要です。

2. ヒューマンエラーを軽減するための組織環境作り

 ある人がいくら完璧な人でも、その日の体調が悪かったり、集中力が低下していれば、間違いを引き起こす可能性が高まります。この可能性を極力低く維持するために、組織やチームでの環境作りも防止策として非常に大切です。

 例えば、健康状態の悪い人が出て来れば、その社員に仕事をさせるのを控え、他の社員がすぐにサポートに回れる環境作りです。また、各社員が仕事への集中力を高く維持するために、定期的に休憩が取れるような組織環境を作るのも良いでしょう。

まとめ

 組織やチームが行うヒューマンエラーの防止策には大きく2つあります。1つ目の防止策は、重要な作業は2人以上の社員を通して行い、必要であればチェックリストも利用し三次のチェック体制をしきます。2つ目の防止策は、各社員がベストな状態で仕事に取り組める組織環境を作ります。それにより、各社員がヒューマンエラー引き起こす可能性を軽減します。これら2つの防止策を組織的導入することで、ヒューマンエラーは大幅に軽減できるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する