1. 「五・七・五」を使って考えてみよう!仕事の"ヒューマンエラー"を防止するために標語を使うメリット

「五・七・五」を使って考えてみよう!仕事の"ヒューマンエラー"を防止するために標語を使うメリット

by Zeitfixierer
 組織活動において、どうしても避けられないトラブルがヒューマンエラーです。ヒューマンエラーとは、人間が原因で発生するトラブルやミスのことであり、活動に人間がかかわっている限り、どんなに対策を施していても発生を完全に防止することは不可能でしょう。

 完全に防止することは不可能でも、様々な努力を重ねることで、ヒューマンエラーの発生確率を抑えることは可能です。ヒューマンエラー防止策の中でも、効果的な防止策が「標語」の活用です。今回は、ヒューマンエラーを防止するために標語を用いるメリットを紹介します。

ヒューマンエラー防止意識の徹底

 ヒューマンエラーは、その名の通り人間が原因となって発生するミスです。人間が原因である以上、ヒューマンエラー対策もまた人間に対して行うのが最も効果的です。作業員の意識改革や安全教育など、様々な活動内容が考えられますが、共通しているのは安全意識の徹底でしょう。

 基本となる安全意識を徹底させることで、うっかりミスや勘違いなどのヒューマンエラーの発生を防止することができます。標語は短い言葉の中に安全意識が詰め込まれているので、繰り返しヒューマンエラー防止意識の意識を植え付けるのに最適です。

短いフレーズで表現できる

 長い言葉でヒューマンエラー防止の注意書きをされても、長いというだけで読む気を無くされてしまい、教育効果が期待できなくなってしまいます。標語はごく短い言葉で表現されているため、読むのに苦労がいらず、すぐに頭に入るというメリットがあります。

 短い言葉ですので、狭い作業場所に掲示することもでき、毎日目にするところに掲示しておけば、自然と標語が頭に入り、従業員の安全意識を高める効果が期待できるでしょう。特にヒューマンエラーが発生しやすい場所に標語を掲示しておけば、作業中いやでも標語が目に入るようになり、作業中の安全意識が自然と高まるはずです。

暗記できる

 どんなに的確な注意書きであっても、何が書いてあったのかを忘れてしまってはヒューマンエラーの予防にはつながりません。標語のように短い言葉であれば、毎日復唱したり、目にしたりするうちに暗記できてしまうので、常に頭の中に安全意識を持つことができるでしょう。

 ヒューマンエラーの主な原因は、勘違いや慣れによる確認不足ですが、標語を暗記していれば確認が必要な作業を担当している時にヒューマンエラー防止の意識が生まれ、自然と丁寧に仕事をするようになり、ヒューマンエラーの防止に繋がるのです。


 ヒューマンエラーの防止は、ビジネスでは必要不可欠な努力です。ヒューマンエラーの防止に標語を活用することで、大きなコストをかけることなくヒューマンエラーを防止することができます。良い内容の標語を考えられれば、ヒューマンエラー防止の効果は高まります。知恵を絞って優れた標語を生み出してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する