1. タイピング力があればやれることは一気に広がる!タイピングを早く正確にするためのコツ

タイピング力があればやれることは一気に広がる!タイピングを早く正確にするためのコツ

by Nicholas_T
 仕事をする上で、パソコンに文字を打ち込む機会が無い日は少ないでしょう。しかし、タイピングがあまり速くないという人もいるはずです。速くても正確でなければ意味がありませんが、速くできるなら、そうするに超したことはありません。ここでは、タイピングを早く正確にするためのコツについて紹介していきます。

1. ブラインドタッチに慣れる

 まだブラインドタッチが出来ない人にとって、そのスキルを習得する以上にタイピングの効率化を測る手段はないでしょう。では、どうやって習得していくか。ここでは簡潔に述べますので、さらに深く知りたい場合は他の記事も見てみましょう。

 まずは、「キーボード上に置く指の位置」と「指の動かし方」を覚えましょう。そして実際に打ってみる。おそらくここで出てくる問題は、指の置いてあるキーの認識でしょう。始めは、キーボードの全体像がわからず戸惑うはずです。

 ここでのコツは、わからなくても決してキーボードを見ないことです。タイプミスをしても、あきらめずキーの位置を把握することに徹しましょう。要は頭で覚えるよりも、体で覚えるのです。

2. 書かなければならない内容を紙に書いておく

 ブラインドタッチが出来るようになれば、だいぶタイピング能力はついたはずですが、それをさらに正確にしていく方法もあります。これは、書く内容が大量だった場合などに有効です。まずは、書く内容を要約し、箇条書きにしておきましょう。これは、ちょっとした空き時間に、メモに取っておく程度で十分です。

 これを見ながら入力していくと、長い文章であったとしても全体像を見失わず、各スピードが落ちません。また、迷いも出にくいためミスも起こりにくいです。

まとめ

 ここまで出来るようになれば、後は、練習を重ねましょう。こういったスキルは英語と同じで反復・継続が大切です。日々の仕事の中での空き時間を有効活用して、タイピング力を向上させましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する