1. まずはボタンの位置を覚えよう!ブラインドタッチの練習方法

まずはボタンの位置を覚えよう!ブラインドタッチの練習方法

by likeablerodent
 デジタル化の波は、日本全土を飲み込もうとしています。例えば、各市町村の役所で、個人情報などの重要書類をデジタルデータにして管理すること。小学校などの教育現場でも、生徒がパソコンに触れる機会が増えています。これらのことを踏まえると、今の世の中にとって、パソコン操作能力がどれほど重要になっているかよくわかります。

 パソコンで、ブラインドタッチなどができるようになると、書類を早く、効率的に作成したりすることができます。仕事を早く終えることができれば、残業も減らすことができるでしょう。今回は、ブラインドタッチの練習方法について説明します。

1. ボタンの位置を覚える

 ブラインドタッチが出来る人を見ていると、そのすばやさにとても難しそうなイメージがありますが、練習すれば必ずできるようになりますので、頑張りましょう。まずは、キーボードポジションを指に叩きこみましょう。キーボードのボタン位置を暗記します。頭でというよりも、指で覚えるのがポイントです。

 ブラインドタッチ習得で一番大変なのが、ボタンの位置を覚えることです。始めは、覚えられずイライラするかもしれませんが、キーボードのポジションさえ指が覚えてしまったら、ブラインドタッチをマスターしたようなものです。まずはキーボードーを見ながらのタイピング練習を頑張りましょう。

2. モニターを見ながらのタイピング練習

 次に、キーボードを見ないで、タイピングの練習をします。おすすめは、タイピングゲームを使って練習することです。ブラインドタッチのゲームは、無料のものがたくさありますので、遊び感覚で挑戦できます。

 ボタンのポジションを覚えるタイピング練習を繰り返し行うことで、ボタンのポジションを考えることなく、指が勝手に動くようになります。根気強く、指が自然に動くまで繰り返し練習しましょう。

まとめ

 ブラインドタッチは、コツコツやり続けていれば必ず習得できるスキルです。ブラインドタッチができると仕事も速くなりますし、パソコンを打つときのストレスもなくなります。空いた時間にこまめに練習し身につけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する