1. 「自分の体」と「仕事の状況」を確認!注意力散漫になっていないかセルフチェックをする方法

「自分の体」と「仕事の状況」を確認!注意力散漫になっていないかセルフチェックをする方法

by BONGURI
 仕事でミスをしないためにも、常に自信の状態や仕事がマニュアルなどの通りに出来ているかチェックしておく必要があります。しかし、注意力散漫ですと、それらの行動が疎かになってしまうため、ミスになりそうな状況をあらかじめ知っておくべきでしょう。そこで、今回は注意力散漫になっていないかセルフチェックをする方法について紹介したいと思います。

1. 自身の体について

 注意力散漫になっていないかセルフチェックをする方法として、まず見るべきところは、自身の体の状況についてです。考えがなぜかうまくまとまらなくなってきたり、体のあちこちが疲れていると感じた時は、脳から体を休めるべきであるというサインが出ていることになります。そういったときに、無理に仕事をしても体は疲れていますし、脳も休むように命令を出していますから、ますます体のあちこちが動かなくなります。

 そのため、体の疲れを感じてきたときには、いったん休息をとって休むように心がけましょう。体の変調は、注意力散漫になっていないかセルフチェックをする方法として最も簡単な方法ですので、体の疲れ具合を確認しながら仕事をこなしていくとよいでしょう。

2. 仕事の状況について

 注意力散漫になっていないかセルフチェックをする方法として、次に考えられるのは、現在行っている仕事の状況についてす。これから目を通したりこなしていかなければならない仕事が、バラバラになっていて確認がとりにくい状況や、仕事の予定がまとまっていなくて、進捗状況すらもよくわかっていない状況など、確認がとりにくい状況だと、思考がごちゃごちゃになったり、整理するのにも時間やエネルギーをとられてしまいますので、注意力散漫になりがち。

 そのため、仕事の状況がどれぐらい確認が取れていて、予定が組めているのか明確なのかどうかということも、注意力散漫にならないようにするためのセルフチェックの方法です。仕事の管理体制や予定がどれぐらい組めているかどうかや、確認体制がしっかりととれるような状況がどうかも仕事をしていく上で重要なことです。

 以上が、注意力散漫になっていないかセルフチェックをする方法です。後は、ミスが起きないために、重要なところをしっかりと判断できるように、個々の状況に合わせて明確な認識を作り上げていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する