1. 分かりやすく伝わりやすい資料を作成しよう!"進捗状況報告書"の作成に役立つテンプレートサイト3選

分かりやすく伝わりやすい資料を作成しよう!"進捗状況報告書"の作成に役立つテンプレートサイト3選

by UnitedWarVeterans
 ビジネスシーンで使う進捗状況とは、計画した物事が今どこまで進んでいるのかという度合いのことを指しています。進捗状況報告書は、仕事が今どこまで進んでいるのか可視化する意味があるため、とても大切です。

 書式は特に決まりはなく、会社や業種ごとに違いますが、進捗状況報告書を最初から全部作るのは大変ですので、ここでは進捗状況報告書のテンプレートがダウンロード出来るサイトについて紹介します。

1. 書式の王様

 日本最大級のビジネステンプレートサイトです。会員登録が必要ですが、仕事で使えるテンプレートやフォーマット、サンプルなどがすべて無料でダウンロードすることができます。進捗状況報告書に関しても、「進捗」で検索した結果、22件のテンプレートがヒットしました。

 進捗だけではなく報告書の種類も多く、ほとんどがエクセル・ワードに対応しているため、用途に合わせたテンプレートを見つけることが可能です。カスタマイズも可能なので、使用する目的に合わせて項目や書式などを変更することができるでしょう。

2. WEBNOTE

 エクセルやワードで作成した仕事に、役立つテンプレートやフォーマットの無料配布サイトです。会員登録などは必要なく、誰でもすぐにダウンロードして使うことができます。「進捗」でサイト内を検索した結果、23件のテンプレートがヒットしました。数が多いので、欲しいタイプのテンプレートを見つけることができるでしょう。

 こちらのサイトは汎用タイプなので、自分でカスタマイズして使うことが前提になっています。これは、テンプレートに盛り込む項目を、そのテンプレートを使うことで何をしたいのかという目的から考え、各自の事情に合わせて割り出すことが大切だというテンプレート制作者の考えによるものです。

3. オフィスのテンプレートサイト

 マイクロソフトのオフィスのテンプレートサイトでも、進捗状況報告書をダウンロードすることができます。進捗で検索した結果は多くありませんが、ビジネス用のテンプレートも充実していますし、数も多いので探しているテンプレートを見つけることは可能です。

 またビジネス用でないテンプレートであっても、カスタマイズすることでビジネス用の進捗状況報告書に転用することもできるので、汎用性の高いサイトでもあります。また、特に登録などは必要なく、誰でも無料で使用することができます。


 進捗状況報告書という名前でなくても、進捗報告に使えるテンプレートはビジネス用のテンプレートサイトに紹介してあることもあるので、そういったサイトを参考にしながら、進捗状況報告書を作成してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する