1. 挨拶は基本の「き」!仕事で人望が厚い人に共通する点

挨拶は基本の「き」!仕事で人望が厚い人に共通する点

by TANAKA Juuyoh (田中十洋)
 同じ会社で似たような仕事をしていても、人望が厚い人、そうでもない人というのがいますね。それはどこに違いがあるのでしょうか。今回は仕事で人望が厚い人に共通する点について見ていきましょう。

1. 挨拶がきちんとできる

 これは仕事だけではなく人間関係の基本です。笑顔で大きな顔で目を合わせて挨拶ができること。これがまず第一でしょう。好印象ですし、人望にも関わってきます。

 ただ、注意しておきたいのが、上司や偉い人だけにしか挨拶しないというような人。こういう態度は大抵嫌われます。例え部下や目下の人にも分け隔てすることなく、自分から率先して挨拶ができる人の方が誰からの受けもよく、人望が厚い人になるでしょう。

2. 取り決め事は必ず守る

 会社ではやはりいくら人が良くても、性格が良かったとしても、ルーズだったり約束ことや取り決め事を守れない人は信頼がなくなり、人望もなくなってきますね。約束したことは必ず守りましょう。

 ただ仕事ですと自分だけが頑張っていても回りとの兼ね合いでどうしても遅れざるを得ないという場合も出てきます。そのような時の対処法が実は一番大切なのです。万一遅れそうな場合があったらできるだけ早め早めに、相手や関連する人に連絡をしてください。遅れてしまう事はしかたがないことですが、きちんと責任を持ってやっている姿は信頼に値するでしょう。その結果が、人望が厚くなることに繋がります。

3. 常に思いやりの心を持つ

 いくら仕事ができてもそれだけでは残念ながら、人望は厚くなってきません。やはり思いやりの心を持って、まわりに気遣いができるか、目配り心配りができるかによって最終的には決まってくるはずです。

 仕事だけできる機械人間のようではどうしても感情的に拒否してしまうのが人間というものです。周りの人たちは決して機械じゃないのですから。同僚や部下が困っているときに、どれだけ助けてあげることができるか。常にそう心がけている人こそ、それが積もり積もって人望となっていくのでしょう。

 また、人の陰口を言うと、いくら仕事ぶりが良くても、人に警戒されて人望はなくなります。そのようなことは決して言わないようにしましょう。

まとめ

 今回は、仕事で人望が厚い人に共通する点について紹介しました。ここで上げた三つは人として基本的なことも多いです。まずは自分をしっかり見つめ直し、何が出来ていて、何が出来ていないのかを見極めましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する