1. 人生の明確なプライオリティーを持っておく!"人付き合い"が面倒に感じる人の原因と改善方法

人生の明確なプライオリティーを持っておく!"人付き合い"が面倒に感じる人の原因と改善方法

by Darksair
 人が抱えている悩みは多岐にわたりますが、それを分類すると、たいていの場合が「金銭的なこと」と「人間関係によること」に大別されるようです。しかし、人間関係の悩みが解消されることで、明らかにストレスが減り、生活の質も向上していきます。ここでは、人付き合いが面倒だと思う人の原因と改善方法を紹介していきます。

1人のほうが楽!放っておいてほしい!と思う人のメカニズム

 人付き合いが面倒だと思っている人は、いつからそのように感じるようになったのか、考えたことはありますか?また、小さかったころ同じ悩みはありましたか?実はほとんどの人が前々からそういった悩みを抱えているわけではなく、必ず何かしらのきっかけがあるのです。特に「人付き合い」という言葉が生活の中に出てくるというのは、大人になってから、ではなかったでしょうか?

 もっと踏み込んで言うと、あまり自分との関係性が深くない人とコミュニケーションをとる、ということを人付き合いと捉える方がほとんどでしょう。こういった活動を「面倒」と感じるのはなぜでしょうか?もう答えは書いてしまいましたが「関係性の深さ」に大きく影響されます。つまり、「相手との程よい関係」が分かっていない、もしくはそれを築くことができない場合、苦手とか面倒だと感じるのです。以下では、その程よい関係作りのためのヒントを紹介します。

ノーといえるための大きなイエスを持つ

 何もすべての人と深い関係性を作り上げる必要は、どこにもありません。あくまでも「程よい」状態にストレスの無い人間関係があるので、目指すべきはそこです。ここで提案したいのが、「気持ちよくノー」と言える環境を作ること。

 仕事関係やプライベートで、色々な誘いを受けている人であれば、これは効果的でしょう。誘いに対して断りの意向を伝えるとき、人の心理として「申し訳ないな」というマイナスの感情が生まれます。

 しかし、その誘いよりもずっと大切な、自分にとって外せないものがあるとしたら?迷いなく「ノー」と言えるでしょう。例えば親友の結婚式があったらどうでしょうか。「その日は大事な友人の結婚式だからいけません」ときっぱり、はっきり、ストレス無く断れるはずです。結婚式というのは、極端な例でしたが、イメージしやすかったと思います。

 ここからヒントを得て考えると、自分の人生の中での優先順位がしっかりとあれば、毅然とした対応が簡単にできるのです。もちろん「ノー」しか言わない人になってしまうのは、良くないことですのでバランスが大切ですが、この大きなイエスを持つということは、きっと人付き合いの上で感じる面倒くささを減らしてくれることでしょう。


 以上、人付き合いが面倒だと思う人の原因と改善方法を紹介してきました。仕事をしていく上で、人付き合いは欠かせません。人付き合いは、仕事のチャンスを増やしていく上でも大変重要です。苦手意識を克服するためにも、ここで紹介したことを意識してみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する