1. 出来る営業マンは名前を忘れない!名前忘れを防ぐための事前準備の方法

出来る営業マンは名前を忘れない!名前忘れを防ぐための事前準備の方法

by LizNemmers
 ビジネスでは多くの人と会う機会が多いでしょう。全員をスムーズに覚えることができれば良いのですがなかなかそうもいかないものですね。誰でも、どんな記憶力が良い人だとしても、名前をうっかり忘れてしまうことはあるでしょう。

 しかし、忘れられた人の気持ちになるとちょっと複雑な気分となるものです。仕事上でも、名前を呼ばれながら仕事をした方が親近感が出てくるというものです。実際、できる営業マンはお客様の名前を連発するような手法も使っているようですね。今回は名前忘れを防ぐための人に会う前の事前準備についてみていきましょう。

1. 最初に会った時に名刺にその人の特徴を書いておく

 最初初対面のときに名刺をもらった時に、できるだけその人の特徴を名刺のうらに記入しておきます。たとえば黒縁メガネをかけていたとか、鼻が大きめの人。目が細い目の人など。そしてそれと一緒に名前を憶えておきます。それらを書いた名刺ファイルを見直して、この人はこんな特徴の人だったな。こんな名前の人だったなと次回会う前にしっかりと復習をしておきます。そうしますと、次回に会った時にもスムーズに思い出すことが可能でしょう。

2. 資料などにメモをしておく

 その人と会う時に使う資料で自分が使うものなどの目立たない部分などに名前を書いておきましょう。そうするとふと忘れしてしまった時にも、それを見れば良いので精神的にも楽でしょう。誰でも忘れてしまう事がありますので、ちょっとした工夫をしておくことが大切です。

3. もう一度名刺を出しておく

 目の前で商談をするときなどは不自然なのでやめておいた方が良いかもしれませんが、もし会議室など遠い所に座られる場合には、その方がたの席順にあわせて名刺を出しておいておいても良いでしょう。それが無理ならやはり何かの紙に書いておくとか、わかるようにしておいた方がベターです。

まとめ

 誰でも名前を忘れられてしまうと、自分が軽視されているようで気分が良くないものです。多くの仕事をかかえて人の名前も覚えないといけませんのでなかなか大変だとは思いますが、ちょっとした工夫と努力で忘れないようにすること、またはすぐに思い出すようにすることは可能となってきます。ただ、会う人数が多い人は自分の記憶力だけに頼るのは少々難しい時もありますね。そんな場合には、上記のように一工夫しておきますと安心でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する