1. 頑張りすぎはNG!人付き合いが苦手な人が上手に人間関係を築くための4つのコツ

頑張りすぎはNG!人付き合いが苦手な人が上手に人間関係を築くための4つのコツ

by diloz
 人にはそれぞれ個性があります。人と人との関係である以上、好き嫌いはあるでしょう。しかし、職場であれば同僚や会社の人たちと最低限の人付き合いが必要になります。ここでは、人付き合いの苦手な人が上手に人付き合いをしていくコツについて述べていきます。

無理をしない

 人間関係において無理をしていると、どんどん辛くなっていってしまいます。そのため、自分の我慢できる範囲を考えて自分なりの距離を見つけていきましょう。

 人と関わる際には、「いい人に見られたい」「できないやつだと思われたくない」等のいろんな思いがあるでしょう。しかし、そういう思いは抱えすぎると逆に自分にプレッシャーを与え、殻を作ってしまう要因になってしまいます。普段の自分に近い状態まで持っていくためにも、無理をしないようにしていきましょう。

挨拶をする

 人付き合いが苦手な人は、まず話題の振って会話をすることを難しく思うでしょう。会話にどう入っていけばいいのか、分からないことも多くありますよね。

 そんなときは、まず朝の挨拶からはじめましょう。「おはようございます」という挨拶にはには、話題も何もありません。全員に言うのが恥ずかしいなら、一人ひとりに届けるように挨拶をしましょう。この自分から声をかけるという行動は、人付きあい苦手克服の第一歩となる行動です。

「ありがとう」を声に出す

 何かをしてもらったとき、ありがとうという一言をいうか言わないかは、雲泥の差になります。このときは「すみません」というよりも「ありがとう」という言葉のほうが良いです。

 「すみません」という言葉はすこし否定的なイメージがあります。しかし、人は感謝の言葉の方により好感を持つことが出来ます。小さなことにも、ありがとうと声を出していくことで、とっつきにくいというイメージも和らいでいきますよ。

悪口を言わない

 人の悪口をいってしまうと、別のところでも言っているのではないかという不安を相手に与えてしまいます。もし悪口を振られた場合は、はぐらかすことも必要です。

 人付き合いが苦手な人がむりに会話の中心に入る必要はありません。自分のペースで、自分のスタンスで、周りの人と付き合っていけばいいのです。そうすれば、寡黙な人といわれるかもしれませんが、その寡黙な人なりのスムーズな人付き合いを見つけられるでしょう。


 人付き合いが苦手だと感じる人は、上記のことを参考にしてより良い人間関係を築いていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する