1. 簡単なのは笑顔でいること!仕事で名前を忘れられるという人が意識すべき自己紹介のポイント

簡単なのは笑顔でいること!仕事で名前を忘れられるという人が意識すべき自己紹介のポイント

by Zach Dischner
 自己紹介をしても名前を覚えて貰えないという人は多いのではないでしょうか。仕事をする上で名前を覚えて貰えるということは重要なことです。もちろん、仕事をしていく中で、仕事の出来る人として覚えられるようになっていけば、それはそれでよいものです。

 しかし、自己紹介でうまく名前を覚えてもらえれば、コミュニケーションが取りやすく、その後の仕事がやりやすくなります。今回は、仕事でよく名前を忘れられるという人が意識すべき自己紹介のコツについて紹介していきます。

1. 自己紹介にちょっと工夫をする

 自己紹介をするときに、ちょっと工夫をして記憶に残りやすくしてみましょう。平凡な名前の人は特に努力が必要かもしれません。

 例えば、インパクトのある女優さん、俳優さん、お笑い芸人さん、スポーツ選手などと同じ名前であれば、それを話題に出してみるとか、自分の出身地で多い名前だったら、どこどこ出身はこの名前が多いんですと話題に出してみても良いでしょう。要は相手の記憶にいかに定着するかです。上手に有名な人やものなどを利用して説明してみましょう。

2. 趣味・特技等をからめてみる

 先ほどは名前の漢字などに関してみていきましたが、沢山の人に忘れられてしまうという人は、名前だけではなく、自分自身の印象が薄くて名前を覚えようとしてもらえないのかもしれません。

 自己紹介をするときに、自分が今はまっている趣味だとか、学生時代にやっていたことだとか、特技なども上手にからめて自己紹介をしてみましょう。キャシャなのに、柔道をしていた○○さん。とか、意外な感じのことがあれば尚印象に残りやすいはずです。上手に記憶に定着できるようにアピールを頑張ってみましょう。

3. 自己紹介の時は笑顔で

 やはり誰でも笑顔だと好印象なので、印象に感じが良い人と残りやすいでしょう。もしあなたがいつもムスっとしていたり、無表情な感じのかたでしたら、できるだけ人と接するときには笑顔を作るようにこころがけてみましょう。

 笑顔は人の心を和ませて幸せな気分にさせてくれます。もし笑顔が苦手な方は鏡を見て口角を上げる練習をしてみても良いでしょう。最初は笑い慣れないと愛想笑いになってしまって、顔の筋肉も心も疲れてしまうかもしれませんけど、段々と身についてきて慣れてきます。笑顔が印象的な人と言われるように頑張ってみましょう。

まとめ

 今回は仕事でよく名前を忘れられるという人の自己紹介のコツについてみてみました。やはり何らかの方法で印象に残してもらうことが大切です。最初は慣れないうちは大変だと思いますが、これも努力です。工夫をして笑顔も作って印象に残せることができるように頑張ってみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する