1. タイピングミスで全てが台無しに!タイピングミスを減らす方法

タイピングミスで全てが台無しに!タイピングミスを減らす方法

by さかどん
 ビジネスシーンにおいては、パソコンを使った資料作成や伝票処理などが必要不可欠になっています。しかし、どうしてもタイプミスが多くなってしまうこともありますよね。ここでは、タイピングミスを減らす方法について述べていきます。

タイピングミスによる影響

 パソコンを使用すると、手書きで文書を作成するよりも確実な時間短縮が期待出来ます。しかし、タイピングミスをすることで様々な影響が出てきます。例えば、せっかく完成させた文書に簡単な変換ミスがあったとします。その場合は、書類を一から書き直さなくてはならない場合があり、書類の提出期限に間に合わないということも予想されます。

 さらに、タイピングミスの多い人には毎回、書類のチェックを挟まなければならないというように仕事の効率が下がってしまうという影響も起こりえます。

ブラインドタッチ

 タイプミスを防ぐ方法の一つとして、ブラインドタッチをマスターするということが挙げられます。この方法は、入力のスピードを上げるだけではなく、入力のミスも防げるようになる方法です。

 手元をみないということで、目線はパソコンの画面に集中されることになります。パソコンでの文字の入力で多いのが、変換ミスです。しかし、ブラインドタッチをしていれば変換した文字をすぐさまチェックすることが出来、入力ミスも防ぐことができるようになります。

タイピングの練習をする

 タイピングミスが起きる原因の一つとして、キーボードの位置が正確につかめていないということが挙げられます。この対策としては、位置関係を脳の中に記憶させる必要があります。脳の記憶というのは単純で練習すれば誰でも出来るようになります。脳で暗記するということは体や指で記憶するということで、やはり練習が必要となります。

 英語の文章を毎日同じもので良いので、10分程度行うことをオススメします。毎日積み重ねていくことで次第にスピードアップし、ミスも少なくなっていきます。英文の場合は入力した後にチェックする機能があるため、スペルのおかしな単語があれば、チェックすることが可能になります。


 タイピングミスが多くて悩んでいる人は上記のことを参考にしてみてくださいね。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する