1. マニュアルって本当に必要なの?マニュアルを作成しておくことのメリット

マニュアルって本当に必要なの?マニュアルを作成しておくことのメリット

by Wolfgang Staudt
 仕事をする際にマニュアルが無い会社は、まずないと言っても良いでしょう。しかし、マニュアルが、なぜ存在するのか分からないとマニュアルの価値について疑問を抱きがちです。ここでは、マニュアルを作成しておくことのメリットについて述べていきます。

正確に業務をこなす指針となる

 仕事の手順は、口で伝えることも出来ます。しかし、そこには人それぞれの主観が入るため、伝わること、伝わらないことがどうしても発生してしまいます。

 そこで必要な手順をあますことなく、皆で共有するためにマニュアルを作成するのです。そうすることで、誰もが正確に業務をこなすことが可能になってきます。

臨機応変な対応が出来る

 マニュアルを作成することは、一見その通りにしか業務を行う事が出来なくなり、臨機応変な対応が出来なくなるのではないかという懸念が生じるでしょう。しかし、マニュアルはいつまでも会社設立当初から同じものではありません。マニュアルは時代や環境、状況の変化により改変していくものです。

 皆で作業を行い、その中で気づいたことや注意すべき事がわかったのであれば、マニュアルに記し、それを皆で共有します。そうすることで、情報の共有のための媒体として活用することが出来るでしょう。

作業の見直しに活用できる

 業務内容は日々変化します。要因が何であれ、根本的に業務内容を見直すことが必要になる時期もあるでしょう。その際の確認として、マニュアルがあれば一目でその作業内容を把握する事が出来ます。

 そして、どこに手を加えればよいのか、他に影響を及ぼすことなく、行えるのかがすぐにわかります。全体像が把握し易くなることによって、効率よくかつ漏れが無いように見直しや改善することが出来るのです。

初心を忘れない

 根本的なことですが、仕事に慣れが生じるとミスが起きるリスクが高まります。すでにわかっていることに対して無意識の意識が働くことにより、すべき工程を飛ばしてしまうことが起こりうるのです。確認作業などはその最も多い工程でしょう。

 基本である確認を、慣れているから大丈夫と省いてしまい、事故につながるケースは後を絶ちません。それを防ぐ意味でも、マニュアルを常に開けるようにして定期的に見直す事が大切です。


 マニュアルを作成つくることによる主なメリットは上記の通りです。マニュアルを作成するだけではなく、マニュアルの持つメリットを最大限に生かしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する