1. あなたのストレス耐性はどれくらい?5分で出来る「チェック方法」を使ってストレスフリーな生活を!

あなたのストレス耐性はどれくらい?5分で出来る「チェック方法」を使ってストレスフリーな生活を!

by bark
 私たちは、日々の生活の中で様々なストレスを受けています。仕事もプライベートも関係ありません。たいていの場合、人はストレスを感じるとそれを発散しようとしますが、それが過度になってくると現実逃避まがいの行為に走ることもあります。

 ストレスとは「上手く付き合う」という考え方が重要ですが、そのためにもまずは、自分がどれだけストレス耐性を持っているのかをチェックしてみましょう。

あなたはどんなときストレスを感じる?

 ストレスを招く事象のことを、ストレス源といいますが、日常の様々なことが該当します。それは仕事上のことであったり、人間関係であったり、経済的・身体的問題からくることもあります。ここで重要なのは、ストレス耐性が低い人は「人間関係」がストレス源になっている場合が、ほとんどだという事実です。

 結局、それ以外のストレス源は人間が生活をする以上、ある程度は避けられないものが多く、「ストレスをコントロールする余地がある」ものの筆頭として挙げられるのが「人間関係」です。

 もし、あなたが自分が日々感じている、受けているストレスって何だろう、と考えたときに特定の人物や、過去のコミュニケーションについて思い浮かんだ場合は、人間関係でストレスを受けているかもしれません。そして、そのような人はストレス耐性が低い、言い換えるとストレスを感じるきっかけが多いかもしれないのです。

チェック!対人ストレス

 では、もっと具体的に自分の人間関係におけるストレス源を知る方法を教えしましょう。それは「カテゴリー別に人脈をリストアップしてみること」です。仕事先(学校)、家族、友人、親戚、近所、趣味・サークル…こういった具合に、思いつく限りのカテゴリーを設け、そこに自分の人脈を書いていきます。そうすると、書いていきながら「ここのカテゴリーの中に苦手な人がいる」など、自分が人間関係で抱えている問題が客観的に見えてくることでしょう。

 そして、当然といえば当然ですが、見えてくる問題が多ければ多いほど、あなたのストレス耐性は低い可能性が高くなります。さらにリストアップが終わったら、今度はそのストレス源を「避ける」ために自分が何か行動したことがなかったか、を振り返ってみると良いでしょう。

 例えば「上司からの誘いを断った」、「家族行事に別の予定をいれた」などです。これらを「避ける」ための行動は、どれだけストレスを感じることに弱いかを如実にあらわします。すべて自分の過去とった行動から簡単に分析できるので、ストレスと上手に向き合うきっかけのためにも、ぜひ試してみてください。


 以上、自分がどれだけストレス耐性を持っているのかをチェックする方法を紹介してきました。ストレスを抱えやすい人が、適切な対策をとるためには「原因」を知ることが大切です。重い病気になってしまう前に、ここで紹介した方法を実践して自分のストレスをチェックしてみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する