1. 全体状況を把握することの重要性を知ろう!進捗状況を報告することの意味

全体状況を把握することの重要性を知ろう!進捗状況を報告することの意味

by Moyan_Brenn (back soon, sorry for not commenting)
 仕事を進めている中での状況報告は大切なものです。スケジュール管理されているものであれば、その進行を管理している者が予定通りに進んでいるのかどうかを把握する必要があるためですが、その報告となるのが進捗状況の報告となります。

 また、プロジェクトとして進行しているものであれば、複数の人が関わって進めている仕事ですから、その進捗状況の共有は大事なものとなります。ここではその重要性について述べていきます。

進捗状況の意味

 進捗状況とは、仕事の進み具合のこと。スケジュールに対して、どの部分まで進んでいるのかがわかるようなものとなります。予定通りに進んでいるのかどうか、すぐに把握することができるものであり、進行管理者にとっては無くてはならないものです。

 そして仕事を複数の人で受け継ぎながら進めているような場合では、自分の前の作業がどこまで進んでいるのかを知っておくことは必要でしょう。

共有することの必要性

 自分の前の作業が、どの程度まで進んでいるのか把握することができれば、どのくらいの時間が空いているのか、簡単に把握できます。その間の時間を、有効に使うための計画も立てやすいのです。

 進捗状況が全くわからないのであれば、どの程度待てばよいのかわかりません。下手に他の仕事を入れてしまっては、いざ前の作業が終わり、自分のところに回ってきたとしても、すぐに取りかかることができないかもしれません。そういった意味で、進捗状況の共有の重要性があるということになります。

仕事を振り分けることができる

 グループで仕事に取り組んでいる場合、お互いの進捗状況がわかっていれば、そのフォローをし合う事もできます。協力しあうという意味で、お互いの進捗状況を共有することは極めて大切です。

 以上が、進捗状況の意味とその重要性です。グループで作業している場合には、うまく全体のバランスを取りながら、仕事を進めることができるように、時に仕事を振り分け直して調節しましょう。その拠り所となるのが進捗状況の把握です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する