1. 会社の内外に与える影響を認識しよう!会社におけるイノベーションの意味

会社の内外に与える影響を認識しよう!会社におけるイノベーションの意味

by Bratislavsky kraj
 事業においては常にイノベーションが必要とされます。イノベーションとは新しい、創造などという解釈がありますが、事業におけるそれは単に新しい技術を創造したり経営を革新したりするような意味合いだけではなく、それを実現するためのプロセスにも取り入れられるものと考えられます。ここではそういった、会社におけるイノベーションの意味について紹介していきます。

会社におけるイノベーションの意味

 会社は、社会に対して何かしらのサービスを提供することで対価を得ています。つまり、その社会が変化するのであれば、それに対応するためにイノベーションが必要になるというわけです。

 そしてそのイノベーションとは具体的には、その変化する社会にサービスを提供し続けるために必要な事業形態を維持するために行うことと言えます。つまりは改善です。社会の変化に適応していない部分があれば改善が求められるということです。それは当然ながら、周囲にあらゆる影響を与えることになります。

社員に与える影響

 まずは当然のことながら、その会社で働く社員への影響です。何かしらの改善を求めるわけですから、社員としてもその変化に対応することが求められます。例えば作業の手順、求められる品質、業務形態などがあります。

 特にこれまで日勤であったものが昼夜の交代制になるとしたら、日常生活にも影響を及ぼすことになります。あるいは給与の面でもその影響が出るかもしれません。これまでの生活環境を維持するのが困難になるケースもあるかもしれません。

社外に与える影響

 会社には取引先があります。その取引先へもイノベーションによる影響が及ぶ場合もあります。仕入れ業者に対して、これまでよりも厳しい条件を求めることになるかもしれません。あるいは逆に新たな需要の増加に伴って良い意味での影響を与えることができる場合もあります。

まとめ

 イノベーションとは、より良いものを求めるための改革です。それは社会に対してもそうですが、会社で働く従業員にとってもそうである必要があります。もちろん、その会社にとって必要な取引先に対してもそうです。単に変化の対応に追われるだけであってはなりません。その違いをしっかり見極め、取り組んでいきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する