1. なんとなく休日を過ごしていませんか?自分にあった仕事の疲労回復方法の見つけ方

なんとなく休日を過ごしていませんか?自分にあった仕事の疲労回復方法の見つけ方

by BONGURI
 あなたは、仕事で疲れた体をどのようにして回復させていますか。休日の使い方には誰もが悩んだ事が、一度はあるのではないでしょうか。ここでは、自分にあった仕事の疲労回復方法の見つけ方について紹介していきます。

自分を理解する

 音楽鑑賞、ビデオ鑑賞、スポーツ観戦など、体を休めることだけが休日の過ごし方だと思っていませんか。確かにこれも有効な過ごし方ですが、実は仕事の疲労を回復するには、自分の体を適度に動かすことも効果的です。しかし、人によっては運動をすることがストレスに繋がったり、普段あまり運動をしない人であると、翌日に多くの疲れを抱えてしまうこともあります。

 そこで、まずは自分にあった疲労回復の方法を見つけるために、自分を理解することから始めましょう。

仕事での疲労感の原因を把握する

 自分にあった疲労の回復方法を見つかるために有効なのは、自分がどんなことから疲労を感じているのかを分析することです。大きく分けて、疲労には身体的な疲労と精神的な疲労の二種類があります。あなたの疲労はどちらでしょうか。

 残業続きで寝る時間が削られていたり、朝から晩まで外回りをして体力を消耗している人であれば、身体的な疲労である可能性が多くあります。しかし、そのこと自体を憂鬱に思っていたり、クライアントや上司に一日中気を遣っているという人は精神的な疲労を多く抱えているでしょう。

自分に合った疲労回復方法をみつける

 上記のように自分を分析したけれど、休日に何をしたら良いか分からないという人の為に具体的な疲労回復方法を紹介します。

 1つめは、1人カラオケです。声を出すことでストレス発散になり、適度な運動効果もあります。1人でカラオケに行くのに恥ずかしいと思う人がいるかもしれませんが、1人カラオケ専門店などもありますので、そんなに緊張する必要はありません。さらに、仕事の接待などでも、社会人は歌わなければならない機会もありますので、その際の練習にもなり、まさに一石二鳥です。

 もう1つのお勧めの趣味は、近所を散歩することです。車での移動と違って、歩いて見ると普段は気づかなかった風景があったり、新しい発見をすることができます。有酸素運動は30分以上が効果的なので、30分~1時間程度歩けば良い運動になり、ストレス発散にもなります。また、歩きながら考え事をすると余計な事を考えることがありませんので、心の整理もすることが出来るでしょう。

 どうしても運動は苦手という人にはお笑い番組の鑑賞がオススメです。笑うことで、腹筋運動にもなり、気分転換にもなります。夢中になって観ていると仕事の嫌なことなども忘れることができるので、疲労回復につながってきます。


 休日を有意義なものにして普段の仕事の疲労を回復させたいと考えている人は、上記のことを参考に、自分にあった疲労回復方法を見つけてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する