1. “わかりました”の正しい敬語はこれ!間違いやすい敬語の正しい使い方

“わかりました”の正しい敬語はこれ!間違いやすい敬語の正しい使い方

“わかりました”の正しい敬語はこれ!間違いやすい敬語の正しい使い方 1番目の画像

 ビジネスパーソンに求められるスキルとして挙げられる「敬語」「言葉遣い」。 

 敬語というのは意外にも難しく、注意しなければ間違った敬語を使ってしまい相手に無礼を働きかねない。

 今回は、「わかりました」「了解しました」などに代表される間違いやすい敬語と正しい敬語の使い方について紹介していく。 

【間違いやすいビジネス敬語①】「了解しました」

 間違いやすい敬語で一番多いのがこの「了解しました」。

 「わかりました」を意味する言葉であり、仕事関係で上司や先輩に使ってしまいがちだが、これは間違った敬語の使い方である。

 「了解しました」は丁寧語であるため、同僚や後輩に使うべき言葉だ。

 「わかりました」と上司に伝える場合、「かしこまりました」や「承知しました」が適切な敬語となる。

「わかりました」を伝えるのに適した敬語#1:「承知しました」

 「承知しました」は自分をへりくだり、相手のことを立てる謙譲語に分類される。

 「引き受けました」や「理解しました」の二つの意味を含む言葉だ。

 また、より丁寧に「承知いたしました」という言い方もでき、大事な取引先や会社の上司への使用が好まれる。

 指示されたことに対して理解を示す言葉であるため、具体的な事柄を話しあっているときなどに自然とこの言葉が出てくると良いだろう。

使用例:「わかりました」を意味する「承知しました」

  • (上司に対して)企画の件、承知しました
  • (取引先に対して)発注の件、承知致しました

「わかりました」を伝えるのに適した敬語#2:「かしこまりました」

 「かしこまりました」は、「わかりました」や「理解しました」という意味に加えて、指示に対してより積極的に従うというニュアンスが含まれる。

 「かしこまりました」は“わかりました”を意味する敬語の中でも、最上位の言葉である。

 しかし、相手の立場を持ち上げすぎて、内容への理解よりもただ従っているようなニュアンスで捉えられてしまう場合がある。

 多用しすぎるのは要注意だ。

【使用例】「わかりました」を意味する「かしこまりました」

  • (上司に対して)かしこまりました。そのように進めます
  • (取引先に対して)かしこまりました。明日発送させて頂きます

意外と知らない敬語の意味:「承知しました」と「かしこまりました」の違い

 「承知しました」と「かしこまりました」は、どちらも「わかりました」を意味する言葉だ。

 尊敬語にあたる「かしこまりました」に対して、謙譲語である「承知しました」は自分をへりくだるニュアンスが加わる。

 「承知しました」のほうがやや丁寧な印象を与えるため、そちらのほうが好みという新入社員は「承知しました」を使うのがおすすめだ。

 「かしこまりました」は、理解するという意味に加えて指示に従うというニュアンスが強く伝わる。

 緊急な用件や次の行動が具体的なものであればあるほど、使用されやすい敬語だ。

「かしこまりました」と「承知しました(承りました)」の違い

  • 承知しました:「理解して受ける」という意味。自分の立場が明らかに下の場合利用しやすい
  • かしこまりました:「目上の人の命令を承る」という意味。前向きな姿勢を相手に見せる場合に利用しやすい

 「わかりました」を意味する敬語は、ビジネスシーンでよく使われるだけに言葉の選び方によっては、軽率な返答になってしまう。

 また、付き合いの長さや相手の人柄によって適切な敬語があるため、「わかりました」と相手に伝える言葉はさまざまなパターンを知っておくとよい。

【間違いやすいビジネス敬語②】「すみません」

“わかりました”の正しい敬語はこれ!間違いやすい敬語の正しい使い方 2番目の画像

 「ごめんなさい」はもちろんビジネスシーンでは不適切。

 何故なら「ごめんなさい」という言葉には「自分が悪いとは思いますが、どうか許してほしい」と、“許されること”が前提となっているニュアンスが含まれているからだ。

 また、「すみません」という言葉には「ありがとう」という意味と「ごめんなさい」という2つの意味が含まれているためなるべく使わないほうがいい。

 「すいません」ではなく、「ありがとうございます」「申し訳ございません」という言葉を状況に応じて使い分けよう。

 取引先に謝罪する場合、下記のように「申し訳ございません」より丁寧な言葉で言い換えるとよりお詫びの気持ちを伝えやすいはずだ。

 「申し訳ございません」という敬語は、メール文章に使用する場合もある。

 謝罪する内容の大きさに合わせて、敬語を使い分けよう。

「申し訳ございません」の類語

  • お詫びします/お詫び申し上げます
  • 申し訳なく存じます
  • 大変ご迷惑をおかけいたしました

【間違いやすいビジネス敬語③】「~のほう」

“わかりました”の正しい敬語はこれ!間違いやすい敬語の正しい使い方 3番目の画像

 ファミリーレストランやホテルなどで、スタッフに「メニューのほうを、お下げいたします」と言われたことはないだろうか?

 一見丁寧なように聞こえる言葉だが、これは残念ながら間違いである。

 「のほう」というのは方角を指し示す言葉である。

 「~のほうをみてください」と方角を示す場合には正しいが、「~のほうをお下げします」といった言い回しでは“〜のほう”は方角を指していないため誤りなのだ。


 知らないうちに使ってしまっている敬語は上記の他にもある。

 悪気なく上司や取引先に失礼な発言をしないように、まずは本記事で紹介した基本的な敬語の使い方を意識してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する