1. 面接の質問でストレス耐性は見抜かれてしまっていた!ストレス耐性を見抜く方法

面接の質問でストレス耐性は見抜かれてしまっていた!ストレス耐性を見抜く方法

面接の質問でストレス耐性は見抜かれてしまっていた!ストレス耐性を見抜く方法 1番目の画像
by MIKI Yoshihito (´・ω・)

 人にはストレスに強い人も弱い人もいます。

 もし職場にストレス耐性の低い人がいたら、仕事をする際にも気をつける必要がありますよね。

 ここでは面接の質問事項を少し工夫するだけでストレス耐性があるかどうかを見抜く方法について紹介していきます。

ストレス耐性の低い人と高い人

 か弱そうに話す人や目力が無い人は、ストレス耐性の低い人である可能性が高く、逆に声がハッキリしている人や挨拶がしっかりできる人、目を見て話す人などはストレス耐性が高いということがまず外見で判断できます。

 もし面接において自分をストレス耐性の強い人に見せたいのならば、ストレス耐性の高い人の特徴を真似てみるのも良いでしょう。

ストレス耐性を確認する質問事項

 ストレス耐性を確認する為に組入れる質問事項としては、以下に3つ挙げておきます。

  • ①普段どのようにして遊ぶか、もしくは何をしている時が一番楽しいか
  • ②今までで一番苦労した出来事それをどう解決したか
  • ③ストレスを感じた時に何をするか

 ①の質問では、普段の遊び方で人柄が分かります。

 例えば、多数の人と遊ぶ人は、誰かと遊びはしゃいで、話してといった事でストレスを発散する傾向があります。

 また、「一人でドライブに行ったりお買い物をする。」と答えた方は一人でじっくり考え答えを出すタイプです。

 次に②の質問では、今までの苦労でどのように対応して解決してきたかといったことが分かります。

 そして、今後ストレスを感じた時にどう思うか、どう解決するかといった傾向が分かります。

 ③は、ストレスを感じた時に何をするかといった問題ですが、①と少し似ていますがこの時にどうするかどう対応できるかという事が分かります。

面接とストレス耐性について

 面接の際にあるストレスを与えてみる面接のことを圧迫面接と言います。その際に、どのような対応をするかによってその人のストレス耐性に関する事項がわかってきます。

 圧迫面接を受けたら、人によって様々な印象を抱くでしょう。

 「悔しい」と思う人は、これからいろんなストレスを感じた時に逆に頑張ろうと思える人です。

 しかし、「怖い、嫌だ」と感じた人は少しストレスに弱い人でしょう。

 ストレスの受け取り方はさまざまですが、ストレス耐性が整っているかいないかは面接で話すだけですぐに分かってしまいます。


 もしあなたが面接官であれば、上記を参考にストレス耐性を見抜いてみてください。

 逆に、もしあなたが面接を受ける立場であったら、上記のことを参考にストレス耐性が低いと思われる事のないように注意しましょう。




ストレス耐性に自信がなくても大丈夫!転職を決意した人にオススメの転職サイト3選

 経験年数が浅かったり自分に自信がなかったりすると、「ストレス耐性がないところが短所」と思っている人もいるかもしれない。

 主観的に考えていると、本来の能力よりも低く見積もってしまう恐れがあるものだ。

 自分の性格を客観的に把握するためにも、転職・退職を決意した人には転職エージェントに登録することをオススメしたい。

年収UP×大手企業を目指すなら「リクルートエージェント」

面接の質問でストレス耐性は見抜かれてしまっていた!ストレス耐性を見抜く方法 2番目の画像

 転職成功実績No.1の「リクルートエージェント」は、「転職活動を始めたばかりで何をすればいいか分からない……」という転職経験のない人にオススメのサービス。

 「リクルートエージェント」は幅広い業界の求人を網羅しているだけでなく、提携企業との「長年の繋がり」があるため、転職者からは言い出しづらい「年収」「条件」「入社日程」についてもエージェントが交渉してくれる。

 土日祝・平日20時以降でも、エージェントが転職相談に対応してくれるため、多忙なビジネスパーソンの転職にもおすすめ。

 登録すべき転職サイト・エージェントに悩んでいるという人は、まずは「リクルートエージェント」に登録してみよう。

求人数が豊富!企業の幅で選ぶなら「DODA」

面接の質問でストレス耐性は見抜かれてしまっていた!ストレス耐性を見抜く方法 3番目の画像

 業界内最大級の求人数を誇る転職エージェント「DODA」。

 大手企業だけでなく中小企業やベンチャー企業の求人も取り揃えているため、自分で企業探しするだけでは出会えないような中小優良企業と出会える可能性が高い。

 公開・非公開に関わらずに求人情報を出し惜しみしないため、DODAエージェントサービスなら多くの企業を比較することができる。

 また、DODAエージェントサービスでは、職務経歴書の書き方や面接対策、転職活動でのテクニックなども丁寧に教えてもらえる

 より実践的なテクニックを学ぶことで、面接通過率アップを目指せるのだ。

 「職務経歴書の書き方や転職面接の受け答えに不安がある……」「転職先は多くの企業を比較した上で慎重に決めたい」という人は、「DODA」のエージェントサービスを利用してみよう。

自分の市場価値を知るなら「type転職エージェント」

面接の質問でストレス耐性は見抜かれてしまっていた!ストレス耐性を見抜く方法 4番目の画像

 人材業界の老舗「キャリアデザインセンター」が運営している「type転職エージェント」。

 type転職エージェントでは、転職を希望する業界・職種に詳しい人が専門アドバイザーとなり、親身になってヒアリングをしてくれる。

 また、スキルを正しく評価してくれたり、年収について企業に交渉してくれたりと、現状の給料に満足しない人にとっては嬉しいサポートがついているのが特徴だ。

 「自分の転職市場価値を知りたい!」という人は、ぜひ一度「type転職エージェント」をチェックしてみてもらいたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する