1. 面接の質問でストレス耐性は見抜かれてしまっていた!ストレス耐性を見抜く方法

面接の質問でストレス耐性は見抜かれてしまっていた!ストレス耐性を見抜く方法

by MIKI Yoshihito (´・ω・)
 人にはストレスに強い人も弱い人もいます。もし職場にストレス耐性の低い人がいたら、仕事をする際にも気をつける必要がありますよね。ここでは面接の質問事項を少し工夫するだけでストレス耐性があるかどうかを見抜く方法について紹介していきます。

ストレス耐性の低い人と高い人

 か弱そうに話す人や目力が無い人は、ストレス耐性の低い人である可能性が高く、逆に声がハッキリしている人や挨拶がしっかりできる人、目を見て話す人などはストレス耐性が高いということがまず外見で判断できます。もし面接において自分をストレス耐性の強い人に見せたいのならば、ストレス耐性の高い人の特徴を真似てみるのも良いでしょう。

ストレス耐性を確認する質問事項

 ストレス耐性を確認する為に組入れる質問事項としては、以下に3つ挙げておきます。

①普段どのようにして遊ぶか、もしくは何をしている時が一番楽しいか
②今までで一番苦労した出来事それをどう解決したか
③ストレスを感じた時に何をするか

 ①の質問では、普段の遊び方で人柄が分かります。例えば、多数の人と遊ぶ人は、誰かと遊びはしゃいで、話してといった事でストレスを発散する傾向があります。また、「一人でドライブに行ったりお買い物をする。」と答えた方は一人でじっくり考え答えを出すタイプです。

 次に②の質問では、今までの苦労でどのように対応して解決してきたかといったことが分かります。そして、今後ストレスを感じた時にどう思うか、どう解決するかといった傾向が分かります。

 ③は、ストレスを感じた時に何をするかといった問題ですが、①と少し似ていますがこの時にどうするかどう対応できるかという事が分かります。

面接とストレス耐性について

 面接の際にあるストレスを与えてみる面接のことを圧迫面接と言います。その際に、どのような対応をするかによってその人のストレス耐性に関する事項がわかってきます。

 圧迫面接を受けたら、人によって様々な印象を抱くでしょう。「悔しい」と思う人は、これからいろんなストレスを感じた時に逆に頑張ろうと思える人です。しかし、
「怖い、嫌だ」と感じた人は少しストレスに弱い人でしょう。ストレスの受け取り方は様々ですが、ストレス耐性が整っているかいないかは面接で話すだけですぐに分かってしまいます。


 もしあなたが面接官であれば、上記を参考にストレス耐性を見抜いてみてください。逆に、もしあなたが面接を受ける立場であったら、上記のことを参考にストレス耐性が低いと思われる事のないように注意しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する