1. たったの5分で行える!清潔感のあるビジネスマンになるために実践したい"スーツ"の簡単な手入れ方法

たったの5分で行える!清潔感のあるビジネスマンになるために実践したい"スーツ"の簡単な手入れ方法

by Nanagyei
 スーツはビジネスマンにとっての「一張羅」と言えるでしょう。ですから、日々きちんと手入れを行わなければいけません。しかし、どのように手入れをすれば良いか分からないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、簡単にできるスーツの手入れ方法を見ていきたいと思います。

アイロンのスチームを利用する

 アイロンがかかっているスーツを着ている人は、周りに良い印象を与えることができます。しかし、毎回アイロンをかけるのは面倒でしょう。そういった時はアイロンのスチーム機能を利用してみると良いかもしれません。

 スチームをかけるだけでも、ウール素材の場合はピシッとしますし、またスチーム効果で嫌な臭いも取れます。アイロンを出すのが億劫という時には、霧吹きで水をかけてみたり、スチームと同じような効果があるお風呂の中で、お風呂の蓋を開け、その上にスーツをつるして蒸気にあててみても良いでしょう。ただし、後から風通しの良いところにかけるのを忘れないように注意しましょう。

 自宅でアイロン(スチーム)をかけられる場合は、パンツは片足づつズボンの折り目をそろえて、アイロン台にのせます。アイロン跡がつかないように、当て布をしてスチームアイロンを掛け、スーツの手入れをします。 

 特に、このスーツの手入れをする場合、しわを伸ばすように軽く片手でズボンを伸ばし加減にするときれいに仕上がるでしょう。ジャケットの背中や袖にも、スチームを当てると良いでしょう。タオルを丸めて袖の中に入れ、台にするときれいに形が整います。このスーツの手入れ方法で、ウール素材は風合いが回復し、臭いも取れます。

ブラッシングをする

 特に春先などは花粉がついてしまったり、ホコリやチリなど、色々なものが付着しています。ブラシを玄関におき、毎回来た時にはブラッシングするようにしましょう。毎回するのは面倒に思えますが、ちょっと行うだけで汚れがスーツの中に入りこむのを防いでくれます。きちんと毛並みに沿って、ブラシをかけるようにしましょう。衿、や裾などは特に念入りに行うと良いかもしれません。

たまにはクリーニングをする

 あまり何回もクリーニングをすると、素材が傷んでしまったり、素材に入っている脂分などが落ちてしまうので、頻繁にクリーニングを行うのは避けましょう。ただし、シーズンの終わりにはクリーニングをしておいた方が良いかもしれません。大切なスーツですので、適度にクリーニングを出してあげましょう。


 以上、簡単にできるスーツの手入れ方法を紹介してきました。少しの手入れを毎日行うだけでも、長くスーツを使うことができますし、周りい良い印象を与えることができます。ですから、ここで紹介したことを参考にスーツの手入れを行ってみてはいかがでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する