1. 【女性エンジニア必見】結婚して子供ができた時に子育てをしながら働く方法

【女性エンジニア必見】結婚して子供ができた時に子育てをしながら働く方法

by Thomas Leuthard
 最近は女性のエンジニア職の人が増えてきました。ですが、まだまだ男社会な面が色濃く残っており、育児で休暇を取ったりすることに協力的ではない企業も存在します。

 ですので、今回は女性エンジニアの人が結婚後育児などをしながら働く方法について見ていきましょう。

1.育児休暇などを利用する

 協力的な企業だと、有給の育児休暇を取れる制度を採用しているところもあります。ですが、女性エンジニアの中には頑張りすぎてしまう人もいて、負担に耐えられず結果会社を退社してしまう状況になってしまうのです。

 ですので、育児休暇の制度などが整備されているのであれば、是非その制度を利用しましょう。その後のブランクが気になってしまうという方もいらっしゃると思いますが、ブランクは埋める努力ができます。ですので、まずは落ち着くまで休暇を利用しましょう。

2.在宅ワークで仕事してみる

 育児をしながら働く方法としては、在宅ワークというものが存在します。家にいながらエンジニアとしての仕事ができるので、職場で働くよりもかなり時間が自由に使えるのが利点です。自由な時間で育児や家事ができるので、女性エンジニアにとっては、元の職場に復帰するよりも働きやすいのではないでしょうか。

 ですが、在宅ワークは委託業務なので、自分自身でスケジュールを管理しなければならないですし、最低賃金も企業よりも低い場合が多いです。また、責任は全て自分にくるのでその対応にも追われることになります。


 以上2つの例を見てきましたが、大切なのは職場の他の人としっかりコミュニケーションを取る事です。そうすることで、復帰後育児のために早退や遅刻をしたりすることに理解が得られたり、今までと同じように扱ってもらえるようになるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する