1. 安定して成長し続けることができる!企業経営に必要な「リソースマネジメント」を円滑に行う3つの方法

安定して成長し続けることができる!企業経営に必要な「リソースマネジメント」を円滑に行う3つの方法

by manhhai
 企業経営において、最も重要な作業がリソースマネジメントです。リソースのマネジメントが最高の形で実行できれば、経営の効率は最も理想的なものとなり、企業活動の成果として得られる収益も最大化されるでしょう。

 リソースマネジメントでは、どのような点に注意すべきなのでしょうか。今回は、経営におけるリソースマネジメントを円滑に行うための考え方について解説します。

1. 限られたリソースを有効に使う

 特殊な事情が無い限り、経営におけるリソースは常に有限です。リソースに限りがある以上、経営者がとるべき戦略は持てるリソースを最適に配分することになります。リソースをどのように配分するかによって企業経営の方向性は変わり、得られる収益も変化するでしょう。

 限りあるリソースを現在の事業拡大に投入するのか、それとも新規事業の開拓に投入するのか、その判断を下すのが経営者の役割であり果たすべき責任です。リソースマネジメントにおいては、無駄なリソースを発生させないことが理想になります。

 選択と集中が経営の基本であると言われるのは、限りあるリソースを最大限に活用する方法であるからです。どこにリソースを集中し、どこのリソースを削るのか、その判断こそが経営の本質であると言えます。

2. リソースを拡大する

 リソースは常に有限ですが、努力次第で限界値を伸ばすことは可能です。投資によって、資金を増やすことに成功すれば資金というリソースは増加しますし、社員教育によって優秀な社員の育成に成功すれば、同じ人数でもより質の高い仕事がこなせるようになり、人的資本としての人材リソースは増加したといえます。

 企業が安定的経営を続けるためには、発展と拡大を続けていく必要があります。リソースの拡大は企業の成長を支える基盤を確保することであり、企業経営を安定化させることための努力になるでしょう。

 借金などで一時的に資金リソースを拡大する方法もあります。これは時間というリソースを利用して資金リソースを確保する手段ですが、あるリソースを置き換える形で別のリソースを拡大することも、経営判断の一つとして重要です。

3. リソースを維持する

 リソースの中には段々と減少してしまうものもあります。生産設備や作業機械などは、使用を重ねているうちに劣化が進みますし、ビルなどの不動産も時間によって劣化が進みます。購入時には細心の機会であっても、時間が経つにつれて技術の進歩に後れを取るようになり、んどん陳腐化していってしまうでしょう。

 人材リソースも適切な管理をしなければ、病気やけがによってリソースが減少する可能性があります。リソースマネジメントでは今あるリソースを適切に管理し、水準を維持していくための努力が求められるのです。

 修繕費の積み立てや保険の加入など、あらかじめ予想されるリソースの減少に対して備えをしておけば、リソースマネジメントに重大な影響を与えることなく、円滑な管理が実現します。


 リソースマネジメントが正常に機能しなければ、企業経営は不安定なものになってしまいます。企業経営の基本となるリソースマネジメントを正しく理解することで、企業経営は安定したものになり、成長を続けながらさらなる発展を重ねていくことができるでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する