1. 仕事を成功に導くテクニック!「意思決定」を行う際に踏むべき3つのプロセス

仕事を成功に導くテクニック!「意思決定」を行う際に踏むべき3つのプロセス

by Trail Romagna Fotografie
 仕事を成功させるために重要なのは、意思決定のプロセスを明確にすることです。プロセスが明確にされることで、意思決定が正しく行われるようになり、必要な情報を検討したうえで最善の戦略をとることができます。

 意思決定のプロセスには求められるものとは何なのでしょうか。今回は、仕事を成功に導く意思決定に必要なプロセスについて解説します。

1. 課題の設定

 意思決定とは常に何らかの問題に対して行われるものであり、問題に対して課題を正しく設定することができなければ、どんなに努力したとしても仕事を成功に導くことはできません。観測される問題に対して、乗り越えるべき課題を適切に設定することで、初めて意思決定による問題解決が可能になります。

 問題点を認識するだけでは、意思決定を行うことは不可能です。問題に対してどの方向から取り組むのかによって課題は変化するため、問題を分析する能力が重要な意味を持つことになります。「売り上げの減少」という問題が発見された場合、課題としては「売り上げを伸ばすにはどうすればいいのか」という形で設定することもできますし、「少ない売り上げで利益を確保するには」というようなアプローチも可能です。

 課題とは、問題解決の方向性を定めるものであり、意思決定プロセスを進めるための重要な要素です。課題によって、その後の取り組みは大きく変わるので、慎重に課題を検討する必要があります。

2. 情報の収集

 意思決定を行うには、決定のための参考になる情報を収集しなければなりません。収集される情報は、なるべく多面的なものの方が好ましく、正しい意思決定を実行できるようになります。収集された情報が不完全なものや一方的なものであった場合、意思決定が歪んだ形で行われてしまい、理想的な結果を得ることができなくなってしまうでしょう。

3. 戦略の決定

 どのような戦略で問題解決に取り組むのかによって、必要なコストや得られる結果に大きな差が生まれます。なるべく少ないコストで、大きな成果を得られるような方法を選びたいものですが、すべての条件を満足させられるような戦略が立案できるとは限りません。

 何を優先するのかを明確にしておかないと、戦略を考えることはできません。労働の負担が増えてでも利益を求めるのか、一時的な負担増を我慢して将来の利益を確保するのかなど、優先順位を明確にしておくことで最善の戦略を決定することが可能になり、意思決定を正しく実行することができます。


 仕事を成功に導く意思決定に必要なプロセスとは、最善の選択をするための努力でもあります。チームで仕事をするのであれば意識の共有が重要な課題になりますし、個人の仕事であれば戦略の選択が重要です。どのような形で意思決定が行われるにしても、プロセスを踏まなければ最良の結果を得ることは不可能でしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する