1. 鍛えるべきは伝達能力!プロジェクトリーダーが持っておくべき資格

鍛えるべきは伝達能力!プロジェクトリーダーが持っておくべき資格

by Sicnag
 仕事をしているうちに、プロジェクトを任される立場になることもあると思います。そんな時に備えて、何か準備をしていきたいと思う人もいるでしょう。良いプロジェクトリーダーになるために持っておくべき資格はあるのでしょうか。

P2M資格

 P2M資格制度は、特定非営利法人である日本プロジェクトマネジメント協会が実施している資格制度です。あらゆる組織に通用するプロジェクトマネージャーの育成を目的にした資格制度です。プロジェクトリーダーになるために持っておくべき資格と言えるでしょう。この試験では専門力、体系的知識、実務経験、実践能力の4つ育成を目的としており、プロジェクトマネジメント・コーディネータ(PMC)、プロジェクトマネジメント・スペシャリスト(PMS)、プロジェクトマネジャー・レジスタード(PMR)、プログラムマネジメント・アーキテクト(PMA)の4段階に分かれています。

コーチングの技術

 他にも、リーダーシップやコーチングについての知識が役に立ちます。そのために、コーチ資格や市販のコーチングの本を読んでみると良いでしょう。プロジェクトリーダーには、上からの指示を実際の作業に置き換えてメンバーに伝える必要があります。そのために話し方や伝える技術を勉強してもよいでしょう。


 いかがでしょうか。プロジェクトリーダーに役立つ資格はいくつかありますが、これらの能力は日ごろの活動でも培えます。毎日の仕事を意識して、試験で力試しをすると良いでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する