1. どのぐらいもらえる?休職中のボーナスに関する基礎知識

どのぐらいもらえる?休職中のボーナスに関する基礎知識

どのぐらいもらえる?休職中のボーナスに関する基礎知識
 1番目の画像
 休職中に気になることと言えばボーナスが出るか否かということではないでしょうか。ーしっかりとした知識を持つことが重要です。ここでは、休職中のボーナスに関する基礎知識を紹介します。

休職中のボーナスの基準は、会社の「就業規則」によって違う

私傷病による休職制度は,法律上規定されている制度ではありません。

出典: 賞与支給日の休業者への賞与支払い - 労働問題
 基本的には、休職中のボーナス支給に関しては公的な決まりはなく、それぞれの会社の「就業規則」により異なってきます。会社の規則を読んでいなかったという人や、気にしていなかったという人は、一度確認してみましょう。

全額もらえることは少ない

 休職中に限っては、欠勤期間に準じてボーナスの支給額が減額される場合もあります。働いていた期間が他の社員より明らかに少ない場合などは、同額を支給することは難しいとする会社もあるようです。休職期間中のボーナスについては、会社によって大きくことなるので、まずは、総務課などに相談してみるのが正しい判断と言えそうです。

 ここでは、休職中のボーナスについて紹介しました。休職中のボーナスに関しては会社の判断によるところが大きいです。自分の事情に合わせて、うまく会社と折り合いを付けるようにするのが賢明と言えるでしょう。

次のキャリアを考える!休職する前に知っておきたいこと

 長期間の休職は、転職する際に不利になる恐れがあるのは知っているだろうか?

 もちろん、休職歴を隠しながら転職活動をすることもできるが、内定後に提出する源泉徴収票で自分から申し出た年収額と差分があると「収入がない期間があった」ということが分かってしまうのだ。

 休職するには、それなりのリスクが伴うということを知っておいてほしい。

休職ではなく「転職」も考えてみる

 もしも、休職後に職場復帰できる気がしないようであれば「転職」を考えてみよう。

どのぐらいもらえる?休職中のボーナスに関する基礎知識
 2番目の画像

 日々の業務に追われて、なかなか転職活動をする時間がとれないという人には「リクルートエージェント」がオススメ。

 「リクルートエージェント」は幅広い業界の求人を網羅しているだけでなく、提携企業との「長年の繋がり」があるため、転職者からは言い出しづらい「年収」「条件」「入社日程」についてもエージェントが交渉してくれる。

 非公開求人も多く、現職でのストレスになっているポイントなどを正直にエージェントに話せば、自分に合った社風の企業を紹介してもらえるはずだ。

 土日祝・平日20時以降でもエージェントが転職相談に対応してくれるため、多忙なビジネスパーソンの転職にもおすすめ。

 「休職だけでなく、転職も考えてみようかな……」と少しでも思ったならば、まずは「リクルートエージェント」に登録してみよう。


どのぐらいもらえる?休職中のボーナスに関する基礎知識
 3番目の画像

 「入社して数ヶ月〜3年の若手だけど、転職しても大丈夫?」などと不安に思っている若手ビジネスパーソンもいるのではないだろうか。

 実は、しっかりした社会人スキルを身に着けた20代・第二新卒の需要は転職市場の中でも高く、転職に適した時期なのだ。

 20代専門の転職エージェント「マイナビジョブ20's」は、社会人スキルやポテンシャルを期待した未経験歓迎の求人も多いため、20代でもキャリアの幅を広げる挑戦がしやすい

 自分のスキルがどれほど他社で活かせるか気になるという人は、「マイナビジョブ20's」でキャリアアドバイザーに相談してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する