1. 【初めて社員寮に入る人必見】これだけは知らなければならない社員寮の規則とマナー

【初めて社員寮に入る人必見】これだけは知らなければならない社員寮の規則とマナー

by Frederic Mancosu
 社員寮とは、社員が住むための寮を言います。会社員であれば福利厚生の一つとして社員寮がそなえつけられている場合も多いかと思います。社員寮の種類にはいくつかあり、未婚で一定年齢以下の従業員が住む寮は「独身寮」と言います。また、単身赴任者を対象にした寮は「単身赴任寮」と呼ばれ、設置されている例も少なくは有りません。

 ここでは、そんな社員寮における規則やマナーについて紹介していきます。

社員寮とはどんな所なのか

 社員寮の形態は会社によって様々です。例えば、風呂やトイレ、洗濯機や食堂が共同である場合などもあり、また部屋は相部屋のところや個室の所があります。相部屋で有る場合には、先輩や後輩、同期などと日々盛り上がる場合も少なくは無いようです。個室であっても不定期に会社側の立ち入りがある場合があるので、部屋を綺麗に保っておく事が必要です。電話設置が無く、意外と不便な場合や、普通のユニットバス、トイレ付のワンルームマンションである場合もあるでしょう。もっと厳しい場合には、門限が設置されている場合もあり、破った場合には厳しくとがめられる場合もあるため、規則は十分に守る必要があります。

社員寮におけるマナー

 相部屋の場合には、特に先輩や後輩と共同生活するということになります。そのため、日ごろからきちんと部屋を片付けておく事が大切です。特に、先輩と一緒の部屋で有る場合には、先輩の迷惑にならないよう、自分の事は自分でするように整理整頓しておきましょう。また、時には先輩に対する気遣いなども必要です。沢山の人と盛り上がる場合には、自分だけ脱落してしまわないよう、マナーをわきまえつつ一緒に盛り上がります。ちなみに個室で有る場合にも、部屋は綺麗であるに越した事はありません。

 特に、会社側の立ち入りがある場合には先ほどにも述べましたが、部屋を綺麗にする事に十分気を配りましょう。風呂やトイレ等が共同の場合には、共同の部分は特に気を付けてきちんと使用します。門限など、会社で厳しくルールが決められている場合には、そのルールを極力くずさないようにしましょう。


 社員寮に関わらずとも、団体で生活を送ると言う事は、出来る限り、その会社の社風に合わせて動くという事が大切になってきます。きちんとしたルールが決められている会社程、そのルールに合わせて生活していかなければならない事でしょう。ルールが特に無い場合には、雰囲気に合わせて共同生活を送っていく事が大切です。いつでも先輩を敬う気持ちや後輩を大切にする気持ちだけは忘れないようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する