1. 給与の扱いってどうなるの?出向を言い渡されても慌てないために知っておきたい"基礎知識”

給与の扱いってどうなるの?出向を言い渡されても慌てないために知っておきたい"基礎知識”

by bark
 元の企業に在籍したまま、子会社や関連企業など外部の企業で働くことを出向といいます。出向は転職とは違い、席は元の会社に残したまま外部企業で働くことになるので、一定期間が経過したら、再び元の企業に戻って勤務することになります。

 出向で働く場合は、指揮命令権は出向先の企業のものになるため、元の企業ではなく出向先での指示に従って働かなければなりません。指揮権は出向先の企業にありますが、給与の扱いはどうなるのでしょうか。今回は、出向になった場合の給与元と給与額の扱いについて解説します。

給与元の扱い

 出向社の給与を出向先企業が払うのか、出向元企業が払うのかは、その時の取り決めによって異なります。出向社の給与を出向先企業が払う場合、この時支払われた給与は税法上損金として扱われ、会計処理されることになるのです。

 ただし、出向者が出向先の法人で役員となっている場合については、役員報酬が定期同額給与、または事前確定届出給与の場合のみ損金として扱うことが認められており、定期同額給与、または事前確定届出給与でない場合は損金の額に算入されません。

 出向先の給与を在籍している出向元企業が払う場合、出向先企業が給与と同額を給与負担金として出向元企業に支払っていれば、実質的に給与を支払っているのは出向先企業であるとみなされて処理されます。

給与水準

 出向では基本的には、出向先の給与水準に合わせて給与の額が決定されます。出向者は給与水準以外にも就業基準は出向先企業に従うことになるため、席の所在以外は出向先企業の社員と同じように扱われることになるでしょう。

 ただし、必ずしも給与水準を出向先企業の水準に合わせなければいけないわけではありません。給与の取り扱いは出向先企業と、出向元企業の話し合いによって決定されるため、以前と同じ給与水準のまま出向することもあります。

 経営不振の子会社を立て直すために出向で送り込まれるようなケースでは、出向者は出向元企業で働いていた頃と同じ給与水準の給与を受け取るのが一般的です。

 また、出向先企業が給与を支払う場合でも、出向元企業の給与水準に満たない部分のみを出向元企業が負担することも可能です。出向先が経営不振でボーナスが出ないような場合でも、出向元企業でボーナスが支払われている場合はボーナスを受け取ることもできます。

 
 出向時の給与の扱いに関しては、その時の出向理由によって扱われ方が大きく異なります。経営不振企業の立て直しや優秀な社員による、仕事のノウハウの伝達といったような目的で実行される出向であれば、出向者の給与は以前と同水準で支払われることが一般的です。このような助っ人のような形での出向は、出向元と出向先双方にメリットがあるため、出向者に関しても不利益が生じないように取り扱われます。

 しかし、左遷や懲罰人事の一環として出向が実施されるような場合は、給与水準も出向先企業に合わせられ、多くの場合減額されます。また、出向をキャリアステップの一部として組み込んでいる企業もあり、いわば修行として出向が実施されることもあります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する